''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

賄いランチ 菜飯(大根菜)のチャーハン 愛娘と食べました より。 

朝から雨音で目が覚めました。 

この時期の雨は、憂鬱です。 

 

体調不良で、沈んでいます。 

とはいえ、4歳児の娘が居ますので、保育園はお休みさせました。 

娘の咳もひどいのもその原因です。 

 

私の体調は低空飛行です。 

墜落しそうな体調です。 

発熱はありません。 

この時期発熱すると大変です。 

それだけは避ける為にも用心して家で休むことにしました。 

 

昨日のランチは、娘と二人です。 

4歳児ゆうゆうの希望を聞くと「チャーハン」です。 

私の作るチャーハンが好きですね。 

 

ベースの玉子チャーハン、鮭チャーハン、納豆チャーハン、カレーチャーハン、いろいろとリクエストに応じています。 

今回は、家か無農薬の大根菜が送られてきたので、それを塩して漬物を使いました。 

 

f:id:kantoshoue:20201023102610j:plain

賄いランチの菜飯(大根菜)のチャーハンを愛娘と食べました。 

緑のが、大根菜の塩漬けです。 

塩分の調整をして、仕上げました。 

自画自賛ですが、なかなか美味いです。 

 

娘も一気に完食してくれました。 

本当にチャーハンが好きですね。 

創味のシャンタンを使っています。 

これが、味のベースでしょう。 

 

ベースと言えば、ナイナイの岡村さんの結婚報告に驚きました。 

10月10日に入籍していた事後報告ですからね。 

それにしても、50歳にして結婚は、本当に良かったです。 

 

我が家も私は49歳での晩婚です。 

当時のことを思い出しました。 

 

当時私も仕事場で、私の結婚を知っている者は、上のモノを除いて、社内報告の書類がありましたので、それを提出した書類を見た2名だけでした。 

極秘結婚でした。 

とりあえず、1週間ほど休みが必要でしたから、報告しただけです。 

 

あと20人くらいは、ご存じのないままでしたね。 

それもいろいろと気遣いされても困りますので、知らないままにしておりました。 

ただ、子供の出産と長期の入院で、仕事で支障が出てて来るので、新たに数人知ったくらいでした。 

 

それでいいと思います。 

当時同じ仕事場で、最後まで知らない方は、16人程おられていたと思います。 

不思議な感じでしょうね。 

 

結婚式も、とりあえず式の日程を決めた程度でしたね。 

それから、嫁の岳父に報告、私の親にも報告して、両家の挨拶、そして、式当日になった次第です。 

地味婚でしたから、出席者は、私の両親と嫁の父と兄夫婦だけにしました。 

その日は、天満宮も私たちだけの式だけの貸し切りでした。 

 

岡村さんは、まだ指輪も用意していないと、オールナイトニッポンのラジオの中で話されていましたね。

我が家も式の2週間ほどの知り合いの宝石屋の社長に報告して、3日ほど文字まで入れても結婚指輪をオーダーメイドしました。 

 

嫁も採寸されて、家に用意の見本の宝石億単位のケースの中から、記念に好きなだけ付けてみて写真撮ったらと薦められて、それじやと1枚写真を記念に撮りました。 

何でもその宝石は700万円位するエメラルドの大きな石の指輪でしたね。 

 

その日から3日後に、出来たから取りに来てと連絡を受けて、その週末に取りに行きました。 

最寄りの駅まで、新車のベンツで送り迎えしてもらって、帰って来たのを昨日のように思い出します。 

 

指輪には、結婚式の日と、名前が彫られています。 

意外と重いですね。 

私は金属アレルギーですから、嫁の分だけ作って貰いましたよ。 

 

とりあえず、天満宮さんでの式当日の誓約文をスマホに入れて、時間がある時に、読み違いがないように、何度も練習しました。 

嫁は、最後に自分の名前を言うだけですからね。 

三々九度も、緊張したのを思い出します。 

失敗だけは、なかって本当に良かったです。 

 

昨日の事のように思い出します。 

でも、式は挙げて良かったと思います。 

人生の節目ですから、岡村さんにも式は挙げることは、お勧めいたします。 

 

コロナ禍ですから、我が家みたいに、仕様人数の貸し切りにしたら、いろいろと気を遣わずにいいですよ。 

我が家と違って、予算は潤沢にあると思いますので、そこは違います。 

 

我が家は、神仏様のご縁で、貸し切りになっただけです。 

余分な金銭は、発生していません。 

そんな不思議なこともありました。 

 

結婚式は、女性のためにある制度ですから、嫁さんの為に、嫁さんの両親の為に、式は挙げて挙げてあげてもいいと思いますね。 

同じ晩婚したご縁ですから、幸せになって貰いたいです。 

続けて、子供の授かり方も、ご伝授しますよ。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。  

ありがたいことです。  

  

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。  

ありがたいことです。  

  

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。  

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。  

ありがたいと感謝です。  

  

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705