''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

百均ダイソー 200円のけん玉 買いました 

お題「ささやかな幸せ」

時折、6歳児のゆうゆうと、百均シッョブに行くことがあります。 

気分転換的な一面もありますね。 

何か買うのでなく、子供時間を過ごす場所かもしれません。 

ただ、コロナの感染対策として、人ごみは避けています。 

 

いろんなものが売られています。 

最近行ったのは、ダイソーです。 

セリアも自転車で行ける場所に数件ありますので、セリアとダイソーの商品を比べると、実用的なダイソーと、オシャレなセリアと使い分けが出来そうです。 

f:id:kantoshoue:20220412092531j:plain

先日、子供が欲しいと言ったので、ダイソーで200円(税抜き)のけん玉を買いました。 

200円だけあって、玉も木製で少し重さもあります。 

昔の手作り感のあるけん玉ではありません。 

あくまで、おもちゃのけん玉です。 

 

父さんやってみてと言うので、一番先の剣の部分に、玉を一発で差し入れました。 

昔取った杵柄です。 

ドヤ顔する私と、驚く娘の対比です。 

6歳児の娘には無理ですが、大皿に玉を乗せるところまでは、何度か成功させました。 

 

膝でバランスを取って、玉を大皿の乗せます。 

6歳児の娘には、なかなか難しいようです。 

 

娘に、そうこうして教えている時間が、楽しい親子の時間です。 

こうした親子のコミニケーションも小さい時から、取っています。 

私の手をしっかり握って、私の股の下をブランコしたりすると、娘はハイテンションです。 

 

最近は、エアー逆上がりをやっています。 

家でやりますので、本当の鉄棒は使いません。

私が鉄棒役です。

 

私が膝を突き出して、私の太ももを踏み台にして、最後に私の腹に足を掛けて、逆上がりしています。 

何度か練習して出来るようになりました。 

イメージとしては、すでに出来上がっています。 

 

後は鉄棒での実践の練習をすれば、意外と簡単にクリアできます。 

鉄棒が出来ると、運動神経がいい感じが、私の子供の頃感じて居ましたね。 

逆上がりと前回りは、出来るとできない差がはっきりとする運動です。 

 

ここで挫折すると、鉄棒が嫌いになりますね。 

私は子供の頃から、鉄棒が得意でしたね。 

得意と言うより、少し練習すると、クリアできるようになっていました。 

足かけて、膝の裏に鉄棒を挟んで、前後に揺らして、手を離して鉄棒から飛ぶのもやっていました。 

遠くには飛べませんが、ちょっとスリリングでしたね。 

 

私の友達は、両手でが鉄棒をしっかりつかんで、その両手の外側に鉄棒に両足を掛けて、体を振って、前に飛んだりしていましたよ。 

横から見ると、「~」みたいな字のように波を描いたように見えます。 

  

あれは、出来ると格好がいいと思った半分、危険だと思ってチャレンジしませんですね。 

危険な事は、やらなかった派です。 

鉄棒を膝の後ろに掛けて、飛ぶくらいそれくらいは危険に感じなかったです。 

この辺りは、危険かどうかの境だったのでしょう。 

 

鉄棒の逆上がりは、すぐに出来たと思います。 

小学生でも、背丈より大きな鉄棒でも、ぶら下がって、懸垂から足を持ち上げて、逆上がり出来ていました。 

 

中学に入ると、体を振ってからの毛上がりも出来ていました。 

すぐに、ぶら下がってからの足をVの字(正確には「 I の字ですね」)に伸ばしてからの、静止姿勢からの毛上がりも出来ていました。 

 

手には、豆が出来ていましたからね。 

ぶら下がり健康器具みたいなものです。 

懸垂もしましたし、片手懸垂もやっていたと記憶しています。 

当時流行っていましたからね。 

 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705