''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

50代中年親父の健康管理 街中の血圧測定 より。 

お題「ささやかな幸せ」

週末に6歳児の娘のゆうゆうと、自転車で出かけました。 

これと言って行く予定はありません。 

公園に行きたいと言うので、自転車で近鉄の駅近くに行きました。 

 

そんな中街中のドラッグストアーあった無料の血圧測定機に腕を通して、計測しました。 

最近役所に行く用事があった時、同じように血圧を測定したら、だいぶ高い目の上140が越えていました。 

 

そんな数字を出すはずもなく、また別の機会に行った時に計測すると、上が138近くありました。 

上が130越えたら、私の歳で、注意でしょう。 

そんなこんなで近くにあってので計測しました。 

 

上が117mmHgしたが70mmHg、心拍数も68とこれなら、いつもの私の体感する血圧です。 

役所の測定器が壊れていたのか、体調が悪かったのか、不明のままです。 

家でも、嫁の血圧測定機があります。 

勝手に引き出して、血圧計るほどでもありません。 

 

少しいろいろと年齢的に、注意が必要になって来たのかもしれません。 

あくまでも素人判断ではイケませんが、意識的に注意するのは、啓発としていいように思いますね。 

ただ、ネットの動画でも、歳が行くと血圧が高くなるのが、人間の体の節理だと言う方も居られますからね。 

その辺りは、触れてはイケない医療の闇があるのも事実です。 

 

とりあえず、子供も小さいですから、元気で居てやりたいです。 

健康には、いろいろと気を付けています。 

特に、食生活には、気を付けています。 

この時期、暑くなりますので、塩分補給も必要です。 

食事に、塩分の調整が利くように、漬物を取り入りています。 

 

私の作るのは、自家製のきゅうりのキューちゃんです。 

ご近所から、巨大な胡瓜を数本頂いて、これを効率よく食べようと思って始めた漬物です。 

酢、酒、砂糖、醤油の割合に、出汁醤油の調整して、バルサミコ酢を隠し味にして、生姜、鷹の爪をスライスしたモノを鍋で煮ます。 

ここにカットした胡瓜を入れて、数分に煮ます。 

胡瓜の芯が温かくなって、過熱される程度にしています。 

これを冷まして、冷蔵庫に保管しています。 

 

鷹の爪のアクセントもありますし、食欲のない時でも、食事が進みます。 

私は、ごはんに漬物があると、幸せを感じるタイプの人間です。 

漬物は、香の物と言いますから、四季の旬の香りを楽しめます。 

胡瓜の糠漬けも、柴漬けも、野沢菜着けもよく買いますが、ご近所さんで頂いた大量の胡瓜がある間は、自家製のきゅうりのキューちゃんで、漬物を楽しんでいます。 

 

冷奴の豆腐に盛ってもいいし、酒の肴にもしています。 

適度な心地よい塩分を摂取して、これからやって来る本格的な夏に備えたいところです。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705