''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

我が家の食卓ものがたり おかずサラダ 時短手抜きの玉子サラダの一鉢

5月だと言うのに、気温の変化が大きいです。
雨が降って、寒くなったかと思えば、夏かと思うような強い日差しです。
気温の寒暖の差に、体の調子が良くないです。


まずは、しっかり食べて、しっかりと睡眠をとることでしょう。
睡眠の質のモニターも、毎晩続けています。
基本、これと言って心配もありませんが、睡眠の質と言うか、睡眠のバランスが悪い様に思います。
毎日見ているので、そう思うだけかもしれませんが、90点台、80点台が、そのほとんどです。
それほど悪い点ではないだけに、体調と相談しながら経過を見たいところです。


食は、基本です。
でも、毎日の食事の用意は、億劫になるものです。
ですから、時短手抜きを心得ています。


我が家の夜の食事には、サラダを付けています。
それも、野菜盛のサラダでなく、おかずになるように「おかずサラダ」です。
居酒屋のポテサラ何かをイメージしてもらえると分かりやすいです。


ただ、ポテサラは時間が掛かります。
すぐに出来るとなると、スパサラ、カレースパサラでしょう。
4分茹での細いパスタを使えば、10分もあれば、余裕で出来ます。


イタリアンスパサラも、同じです。
これがサラダかと言うと、不安になりますが、オニオンたっぶり入れて、甘味を感じれば、おかずの一品にも、翌朝の嫁の弁当のおかずになります。
晩酌タイムなら、ビールや発泡酒の肴になります。


胡瓜とオニスラとシーチキンのサラダも、これまた短時間で作ります。
しっかりと、水切りして、スライサー使えば、時短手抜きも楽に出来ます。
やらない手はありません。

今回は、少し時間が掛かる玉子サラダです。
時間のかかるのは、卵の茹で時間があるからです。
お湯で15分ほどボイルするので、この間にメインのおかずの用意をしている間に、他の野菜の用意が出来ます。


そう思えば、最初に茹でたまごの用意です。
考えれば、夕飯の準備中に、茹でたまごを用意する必要はありません。
朝とか、昼時の時間に、ランチの用意を兼ねて、卵を茹でれば問題ないです。
私は、その様にしています。


ボールに、マヨネーズソースを作って、胡瓜もオニスラも、人参もハムも用意すれば、和えるだけです。
我が家のサラダは、レモン汁とリンゴ酢がたっぷりです。
ですから、シャバシャバ系の玉子サラダです。


なので、少し酢っぽいです。
お酢は体にいいし、リンゴ酢なら、ダイエット効果もあるように聞きます。
毎朝に、リンゴ酢を水で割ったモノを飲んでいますが、劇的な変化はありません。
そこまで期待していませんが、急激な血糖値の上昇防止には、効果があるように
感じて居ます。


彩にレタスとトマトを添えました。
サラダは、彩です。
やはり、キングダムの楚の大将軍の媧燐が、戦で大切にしていることを「華やかさと恐怖、そして一添えの可愛らしさ」って言うのが何とも言えずいいですね。
サラダも、彩の緑と赤の一添え可愛らしさです。


生野菜の摂取も、ある意味病魔との戦いです。
漢方では、未だに病気ではないけれど、病気の可能性があることを、未病と言うと聞きます。
体もその気も、元気でないと病になり易いです。


まずは、しっかりと食事を摂ることです。
偏りのない健康的な野菜中心の食事ですね。
生野菜も、過熱した野菜も共に食べます。
我が家の8歳児ゆうゆうも、私の作ったおかずサラダは、よく食べてくれます。
胡瓜もトマトも大好きです。
もちろん、少し苦手のオニスラも、文句言わずに食べてくれます。


最近苦手だった、ワカメが好きになりました。
その転機になったのが、生ワカメのしゃぶしゃぶでしたね。


鮮魚売り場で見つれると、「これ好き買って」と言います。
今年の筍のシーズンでも、「若竹煮」が毎日でも文句言いませんでした。
変われば変わるものです。
やはれ、上手に調理して、美味しくしてやるのが、一番の早道だと思っています。
日々精進です。


親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               
ありがたいことです。             
             
ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               
ありがたいことです。               
               
日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               
神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               
ありがたいと感謝です。               
               
総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705