''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

南座十月大歌舞伎 「連獅子」より。

イメージ 1

一昨日、昨日に続いて、今日は、南座十月大歌舞伎 三幕目 「連獅子」の話です。
二幕と三幕目の休憩が、30分ほどあります。
この時間を使って、お弁当を食べられるお客さんが多かったです。
ちょっとアルコールを呑みながら、お弁当を食されていた方もありました。

最後の三幕目は、有名な「連獅子」です。
テレビでも見た事がある演目です。
親子の獅子が踊ります。
紅白の獅子の毛を、親子二匹の振り回して、踊るものですね。

人気の演目と聞きます。
舞台は、天竺の清涼山という山です。
ここに獅子が出ます。

山の下は谷ですね。
ここが千尋の谷(せんじんのたに)です。
親獅子が、子獅子をこの千尋の谷に突き落とし、這い上がって来た強い子供だけを育てるという話を聞いたことがあります。

最初に、手に獅子の頭を持った狂言師右近(後の親獅子)には、翫雀丈が、狂言師左近(後の仔獅子)には、壱太郎丈が舞います。
二幕目では、女形式子内親王を艶やかに演じられています。
今度は、連獅子です。

二人の息のあった踊りに、何ともコミカルであり、優雅な踊りが、心地よいですね。
雛壇の上の段には、三味線と謡いの方々、下の段には、太鼓、大鼓、小鼓、笛の地方の衆です。
お三味と謡が、何とも艶っぽいです。
そのお囃子に、踊りも華やかです。

蝶が舞います。
その蝶と、右近左近の舞が何とも、優雅です。
その蝶に誘われて、右近左近は一度、舞台の袖に入ります。

それと入れ替わりに、狂言が始まります。
こちらはコミカルで、ユーモラスですね。
狂言は、何度かライブで見た事があります。

二人の狂言師が、現れます。
日本から修行にやってきた蓮念(れんねん)〔亀鶴丈〕と遍念(へんねん)〔男女蔵丈〕です。

♪おもえば遠くに来たもんだ~
武田鉄也さんの、こんな歌が聞こえそうです。

天竺と言えば、今のインドです。
唐天竺の天竺です。
日本と唐と天竺、これが三国ですね。
三国一の花嫁という、あの三国です。

狂言ですから、突拍子もないです壮大なスペクタクル巨編です。
その二人が、同じ京都から来ています。
これも奇遇ですね。

「蓮念」さんは、日蓮宗の京都本圀寺の僧です。
今では山科にありますが、もともとは西本願寺に来た今の新阪急ホテルの辺りにありました。
「遍念」さんは、京都「黒谷」から来た僧です。

この辺がよく分かりません。
不思議なことに、「遍念」さんは、一遍上人様の名を上げておられます。
一遍上人は、法然の孫弟子に当たる聖達の下で10年以上にわたり浄土宗西山義を学び、時宗の開祖とした御仁です。
もちろん、ご本尊さまの阿弥陀仏様を信心されています。

この辺は、いいのですが、黒谷と言えば、浄土宗の金戒光明寺です。
黒谷金戒光明寺と言えば、幕末の会津公の本陣です。
新選組とも関係の深いお寺です。

それとも、黒谷と言えば真如堂ですね。
こちらも天台宗のお寺ですね。

ここに一遍上人に縁の寺があるとは聞きません。
名前の「遍」からすると、一遍上人の「遍」ですね。

「遍」なら、浄土宗の本山「百万遍」とかの「遍」ですね。
黒谷とは、近くですが、少し離れています。
吉田なら、当っていますけどね。

ここに。くい違いがありますね。
それとも、今回の歌舞伎は、法然上人の800年大遠忌記念もありますので、こちらはいろいろんな大人の事情によるものかもしれません。

歴史的に、日蓮宗と浄土宗は、考えが交じり合いません。
すこし不仲と言えます。
その辺の配慮として、日蓮宗と浄土宗の対比でなく、日蓮宗時宗の対比にされたのかもしれません。
時宗も、親鸞上人と同じく、浄土宗の教えの中から、新たな教えを説かれていますからね。

日蓮宗の「蓮念」さんと、時宗の「遍念」さんは、それぞれの事を知らずに、道連れとはありがたいと、大喜びです。
しかし、それぞれの出自を知ると、それぞれ毛嫌いします。


「蓮念」もさんは、太鼓を持ち出して、「南無妙法蓮華経」と唱えます。
「遍念」さんは、鐘も持ち出して、「南無阿弥陀佛」と唱えます。
この掛け合いが、まるで漫才です。
まちろん、狂言ですから、そうした要素はあります。
何ともコミカルで面白いです。

やがておかしな風になり、獅子が出ると怖がり、舞台の袖に下がります。
次に、親子の獅子が現れます。
さっきの右近左近のが獅子の精になって登場です。

髪は、親獅子が白、仔獅子が赤です。
紅白の獅子の髪を振り乱して踊ります。
その二人の息の合っている姿に、場内から、鳴り止まない拍手です。

仔獅子の壱太郎丈は、何とも勢いがあって、いいですね。
若い気がみなぎった舞台です。
そして、二匹の獅子は、獅子の座に付きます。

有名なシーンですが、生のライブで見ると迫力があります。
やー、歌舞伎って、素晴らしいですね。
うーん、満足の歌舞伎の観劇に、やはり秀樹じゃないけど、しょうえ感激です。
場内から、鳴り止まない拍手が続きます。

私も、日蓮上行如来さまの「南無妙法蓮華経」に縁があります。
親鸞上人さまの「南無阿弥陀佛」にも縁があります。

一度に二つの狭間に入る事は出来ませんが、丸く収まってよかったです。
法華経の中にも、師子が出ます。
法華経の存在が、師子王の如くだと、書かれています。

恐れることないと言う意味です。
法華経を信じることの、大きな徳であり、大きな自信です。

今あることは、偶然でなく、必然です。
天命を受けて、今日存在しています。
生きているのでなく、生かされています。
もちろん、私は仏様のお陰です。

仏縁を頂けたことが何よりありがたいです。
ありがたいと手を合わせて感謝しています。
この歌舞伎鑑賞の機会を頂けたHさんにも感謝しています。
ありがとさんです。

日々の暮らしの中、そんな暮らしの中にこそ、幸せはあると思います。

花を見て、月を見て、旬を食らい、酒を呑む。
やはり、至福です。
ありがたいです。

心の三毒を廃し、心静かに安穏に暮らしたいです。

今日も一日、私も世の中も、平穏無事に過ごせますように、祈るばかりです。

最後まで、一服の清涼剤には成らなかった話に、お付き合い下さいまして、心よりお礼申し上げます。