''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

電池交換不要の充電式Bluetoothキーボード を試してみました より。

帰りに、小雨が降った中の帰宅です。
雨のスクーターでの通勤は大変です。
夕刻のこの時間でも、意外と交通量が多いです。

最近途中でよく見かけるのは、やはり、ハイブリッドカーですね。
中央環状線を利用しています。
トラックなどを除いた自家用車の5台に1台は、ハイブリットのような気がします。

それも、トヨタ系列が一番多いです。
プリウスやアクアと言えば、定番中の定番のハイブリッドカーです。
よく走っています。

時々見かけるのが、日産のリーフですね。
本当の意味での、電気自動車です。
家でも充電も出来るし、逆に電気の供給にも使えます。

ある意味便利ですが、まだまだ実用化が定着していません。
走行距離を考えると、不安もあります。
まぁー、決まった距離の通勤や買い物程度の街乗りなら、これもありです。
本当の意味で、空気を汚さないクリーンです。

最近の身近な電気物も、電池でなく、充電式の物が多いです。
電池もそうですね。
我が家でも充電式を愛用しています。
ゴミの減少にも貢献出来ます。

スマホを含め、携帯電話も、USBの電気のサプライから、マイクロのケーブルに繋いで、充電作業が、就寝前の儀式と言う方も多いはずです。

その充電作業も、コードレスの時代です。
我が家でも、まだそこまでは進んでいません。

電気物見るのは楽しいです。
昨日のオフに、久しぶりに、梅田のヨドバシカメラに行って来ました。
楽しいですよね。
一日中過ごせると言っても、言い過ぎはありません。
2時間の時間など、あっと言う間です。

昨日も、最初に、地下のPC関連のコーナーを覗いて、前より大きなコーナーになっていのが、キーボード売り場です。
キーボードと言っても、パソコンだけではありません。
今やタブレット端末の入力作業に、キーボードです。
スマホタブレットは、入力作業が、パソコンより不便に感じるくらいです。

とうもiPadを使うときなど、便利ですからね。
こうしたモバイルを意識したキーボードが、多かったです。
私も、愛用のタブレッドを使うのに、Bluetoothキーボードが便利です。
Bluetoothキーボードは、すでに3台を使って来ましたが、コードレスと言うのが、大変便利です。

その半面、壊れやすいと言えます。
故障していないのは、エレコムのモバイルキーボードのTK-FBP013くらいです。
使用頻度が少ないからでしょうね。
でも、キーボード作業は、最小限度です。
イメージ 1

その為、新しくBluetoothキーボードSKB-BT22BKを購入して見ました。
今度は、初めて使うサンワサプライ株式会社のキーボードです。
3,000円少し超えたくらいの値段設定に、納得して買ったのが、本音です。

こちらも、モバイル兼務出来る大きさです。
ただ、コンパクトですが、テンキーは欲しいと言うのが、私遣いです。
私は、今や3000人に1人とも、5000人に1人とも、まるで化石と言われるような「かな使い」です。

ローマ字入力でなく、キーボードでは、「は」なら「ha」ではなく、「は」と打ちます。
長文の紋字入力する私としては、2字入力と、1字入力の差は大きいです。

日本語で考えたら、日本語で、入力したいタイプです。
もちろん、英文でもローマ字でも打てますが、速度の問題です。

BluetoothキーボードSKB-BT22BKは、少しぺたぺたした感じのキー入力が気になります。
希望は、NECのノートPC VersaProのキーボードを長く使っていましたのであの時代のノートパソコンのキーボートが、好きです。

この購入したBluetoothキーボードSKB-BT22BKは、充電式なんです。
ですから電池を入れるポケットがありません。
それに、ペアリングする際のボタンがありません。(ファンクショクキーを使う)
少し不便だと感じる事もありますが、これも慣れです。
まだまだ、少し使っただけですから、これからが本当の意味で、試練が待っています。

コードがないと言うのは、煩わしくないでよね。
キーボードだけでなく、マウスもBluetoothマウスを愛用です。
便利と感じます。
機械モノですから、故障さえしなければ、これほどありがたい事はありません。

見えないご縁で繋がっているのは、仏縁と同じです。
ブルーの線は、見えないけれど、繋がっていると感じることは、大切です。
ありがたいです。

日々の暮らしの中、感謝して暮させてもらっています。
ありがたいです。
心の三毒を廃し、心静かに安穏に暮したいです。

今日も一日、私も世の中も、平穏無事に過ごせますように、祈るばかりです。

最後まで、解説の充電不足の話に、お付き合い下さいまして、心よりお礼申し上げます。