''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

日清 出前一丁カップ麺 おいしいワンタン入り 試してみました より。

すでに、今日で8月も終わりです。
今年は、平成最後のと言う枕詞が、付きまといます。
来年もいい夏であって貰いたいです。

ニュースの記事では、やはり、スポーツの話、今が旬の体操競技ですね。
アメフトに、ボクシング、居合道にと、スポーツの世界の醜い腐敗が、世間に露見しましたね。

まず、元コーチの速見氏が宮川選手への暴力行為により、無期限登録抹消などの処分を受けたことに、端を発した今回の問題は大騒動は、より大きな日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長と、その夫の光男副会長からパワーハラスメントを受けていたと明かしたに、問題が拡大しました。

40年以上の独裁的な個人崇拝的な体制は、ボクシングの男・山根氏の問題と同様に、組織の腐敗体質を、明るみにさせたと言えます。
勇気ある宮川選手の告発会見に、称賛の拍手を送りたいです。
多くの方から、温かいコメントが、すべてを表しています。

それに比べて、塚原光男副会長は、宮川選手が、日本体操協会からパワハラを受けたと主張している問題でのコメントは、「全部うそ」と全面否定していますね。
世界の塚原も、卑怯な悪人になってしまったのか、この方の本質が出たのか、勧善懲悪の構図がはっきりとしたね。
誰か月に代わってお仕置きして貰いたいです。

さらに輪をかけて、体操協会の発表では、塚原氏関連の質問には「お答えしない」とか、塚原本部長の会見は予定なし「今のところは考えておりません」と、協会の腐敗体質が、より露呈したした後味の悪い会見でしたね。

ここに、補助金の不正流用や私的流用があれば、公金の問題となり、刑事罰の対象に問題が更に広がりますね。

体操競技には、いろいろな不明な金銭の授受もあるやに、聞き及びます。
人気のアマチュアスポーツだけに、放映権の問題やオリンピック代表選考など、いろいろな大人の思惑も働きます。

何だか、日大の理事長の会見しないと言うスタンスと似て来ましたね。
それ以上に、これだけスポーツ界に、不正やパワハラなどのコンプライアンスの問題があるなら、スポーツ庁の鈴木長官が、主導権をとって問題の解決に向かうべきですよ。
また、国会でも参考人招致して、国民の理解を得るように努めるべきですよ。

自民党総裁選のだけが、政治の関心事ではないですからね。
国民の理解を得られずに、スポーツに援助金などの税金投入をもっと議論すべきです。
スポーツの協会は、個人の私物ではないです。
独裁者の夫婦や親子で、権力を継承すべきものではないはずですよ。

とりあえず、体操協会の不祥事は、これだけを見れは、一丁上がりの結果に見えます。
協会の自浄作用があるとを求めるしかありませんね。
イメージ 1

一丁上がりと言えば、日清 出前一丁カップ麺 おいしいワンタン入りです。
いつもの激安シッョプで、99円(税込)で購入して来ました。
これなら、納得の価格です。
昔の袋麺からの定番の味です。

でも、袋麺の方が美味いと感じるのは、私だけでしょうかね。
カップ麺になると、あのごまラー油も、微妙な感じに思われます。
出来上がりをどんぶりに入れた時のラーメンとラー油の量のバランスかもしれません。

それ以上に、麺の感覚が違うように思いますね。
カップ麺の方が細くて硬いですからね。
袋麺の方が、太い麺にさっと仕上げた時の麺の硬さが印象的です。
好みの分かれる所です。

ワンタン入りは、いいですね。
あのワンタンメンのようなペラペラのワンタンの皮でもありません。

でも、ラーメンにラー油はいいですね。
時々違うカップ麺でも、袋麺でも、かどやのラー油入れて食べています。
懐かしい昭和の味ですね。

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。
神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。
ありがたいと感謝です。


即席インスタント麺の「そ」https://blogs.yahoo.co.jp/kantoshoue/40471407.html