''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

UNICAFE すっきりブレンド レギュラー400g の呑み心地 より。

家の近くの桜も、見頃になってきました。
昨日も保育園の帰りに、公園に立ち寄り、しばし桜を3歳児ゆうゆうと堪能しました。

時間ではありません。
心のバッテリーの充電には、そうした時間でなく、心を満たせる満足が必要です。

禅の言葉、禅語に、「逢花打花逢月打月」(はなにあえばはなをたし、つきにあえばつきをたす)というのがあります。
打つ書いて、たすと読みます。
人が感動する、人の心を打つの意味です。

私の好きな禅語の一つです。
常に人は、こうでありたいです。
桜の時期は、いつも頭に思い浮かべています。

明日の天気がよさそうなので、親子して大阪城公園にでも、花見に行こうかと嫁と相談していました。
3歳児ゆうゆうも、「さくらきれいねぇ」って言って桜を眺めています。
たぶん、実際に花見に行けば、花より団子になって、お弁当やお菓子に夢中になるのは、明らかですが、桜を親子して愛でる時間を持てたことを覚えていてもらいたいです。

ゆっくりとした時間と言うのは、何よりも優雅な気分にさせてくれます。
先日、いつもの激安ショップで、いいものを見つけました。
イメージ 1

UNICAFE すっきりブレンド レギュラー400g です。
この量で、税込価格で、219円なら、絶対に買いでしょう。
即ゲットして、そく呑みました。
悪くないです。
すっきりした呑み心地です。

味も、激安の味ではありません。
もちろん、ドリップするようにミルした粉のcoffeeです。
香りも悪くないです。

いつものように訳あって、激安シッョプの棚に並んだと言うわけでしょうね。
私には、いい買い物が出来ました。
まだ、少し棚に残っていましたから、再度購入してもいいです。

我が家で、コーヒーを呑むのは、私だけです。
肩身の狭い思いながら、ドリップした香り高いコハク色した呑みモノを頼んでいます。
そう、あの昭和の名曲『コーヒー・ルンバ』(作詞‎: ‎J.M.Perroni,訳詞 中沢清二 作曲‎: ‎J.M.Perroni)を思い出します。
♪昔アラブの偉いお坊さんが~

もちろん、私世代では、荻野目洋子さんですが、名曲と言う意味では、西田佐知子さんの歌声も素敵です。
不思議な歌詞の世界です。
異国の雰囲気と言うか、コーヒーという魅惑の飲みモノと言うのが、醸し出す特別な魅力があるのが、この歌詞から何となく分かります。

ランチの後の一服のコーヒーが、何とも言えず、元気づけてくれます。
昼からも頑張ろうと、勇気と元気をくれます。
利尿効果もありますので、痛風患者の私には、この時期にはとってもいいいです。
お茶代わりの時期で、水分補給が上手くいきません。

季節の変わり目に、あの怖い怖い痛風発作がやって来ます。
予兆はありますので、少しドキドキして、この時期過しています。
何も無いのが一番です。

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。
神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。
ありがたいと感謝です。