''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

DIY コタツのヒーター換装 してみました 

お題「便利家電」

ブログの記事の中でも、我が家はコタツを愛用しています。 

それは、私がコタツ愛好家だからですね。 

嫁は、コタツをあまり使ったことがないようです。 

冬と言えば、コタツにみかんが定番の家庭で育った私には、コタツ愛が強いです。 

 

今の暮らしも、コタパソ風に、コタツでパソコンのスタイルしています。 

本当は、パナソニック辺りの白物家電のメーカーが、コタツの天板の中に、パソコンを仕込んで、キーボード、DVD等の飛び出す、コタツとパソコンの融合を図りたいところです。 

モニターは卓上に置いても、アームで自在で取り付けてもいいでしょう。 

それとも、大きなモニターを壁掛けにして、リビングコタツ形式にしてもいいでしょうね。 

 

我が家も、キーボード作業は、コタツの卓上にモニターを置いて作業しています。 

でも、6歳児ゆうゆうが、DVDやユーチューブ等の動画を見る時には、リビング形式にして、モニター台にモニターを配して、コタツの上に、小型のBluetoothのキーボードとマウスを配して、コタツでモニタ見ています。 

ちょっと次世代的なコタツでパソコン、つまりコタパソ(かんとうしょうえの造語)しているかの錯覚です。 

 

娘のゆうゆうも、私もコタツに入ったままです。 

スピーカーは、Bose Companion 2 通して居ますので音もいいです。 

タツが、簡易ホームシアターの雰囲気になります。 

 

横には、ヤマハのウーハースピーカーも置いています。 

2.1chの音なら楽しめます。 

それとも、音DIGI Plus SD-U1SOUND-T5繋いで5.17.1chにすることも出来ます。 

サイドやリアのスピーカーの常設は、なかなかそこまで行きません。 

 

でも、DVDならBose Companion 2 通しての臨場感のある音になります。 

6歳児ゆうゆうも、その音に満足してくれています。 

 

今回は、そんなスピーカーのDIYではありません。 

今回は、コタツDIYです。 

今使っている木調のコタツは、今では少なくなった長方形のコタツです。 

年代物です。 

 

私の見たところ、20年以上前のモノでしょうね。 

時折、ヒーターやケーブルに熱を持ったりと、劣化の症状が見えます。 

怖いのは、火災です。 

 

その為、このヒーターを新しいモノに取り換えようと、DIYです。 

f:id:kantoshoue:20220118110330j:plain

こたつ用取替えヒーター ファン付き U字型石英管ヒーター 手元温度コントロール式 薄型設計 簡単取付YKH-601E(DK)です。 

  

取付木枠内サイズが、29×29cm、29×33cmなら、そのまま取り付けがてきます。 

我が家は約33×33cm以上そうした時用に木枠内サイズが33×33cmに取付ける場合は別途木枠用スペーサーが必要になります 

 

必要に迫られて私が家にあった素材でタツ枠に納めるようにDIYしました。 

所要時間は1時間少しでしたが、なかなか大変でした。 

 

温度調節は、電子コントローラーにて出来ますので見やすいです。 

電気代も1時間あたり、強なら4.9円、弱なら1.9円とパンフレットにありました。 

あくまでも目安です。 

我が家は、いつも弱で運用しています。 

 

エアコンと違って、コタツのヒーターに、それほど省エネ対応は進んでいません。 

あくまでも、多少電気代も安くなると予測しています。 

火事の不安要素も少なくなって、暖かく過ごせています。 

価格も、5,500円程でしたね。 

新しいモノに買い換えると、正方形になるか、テーブル型のコタツになりますからね。 

 

我が家のスタイルには、ちょうどいいです。 

タツのヒーター交換してから、6歳児ゆうゆうの転寝が増えましたよ。 

気持ち良さそうに、横になっています。 

それだけで、評価が出たような気がします。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705