''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

パフェの日に因んで、我が家でも、手作りのパフェに挑戦しました 

お題「手作りしました」

何でも6月28日はパフェの日らしいですね。 

いろんな日があるんですよね。 

 

最近の嫁のマイブームは昭和的な喫茶店のパフェですね。 

少しレトロな昭和風のパフェグラスをネットで取り寄せて、パフェスプーンもお取り寄せしたくらいです。 

最近、パフェの本も増えました。 

 

ただ、バイトとかで、パフェを出すような店には出入りしていなかったようです。 

私が、フルーツカットとかいろいろ古今伝授しております。 

私もレストランのバイトで、パフェを作っていたことがありますが、基本的な事を職人さんに少し習った程度です。 

店で出していたのは、基本的なモノばかりでしたが、時に基本的なフルーツカットを学べたのは、一生の財産です。 

 

その後も、和食店や料理屋さんでも、役に立ちましたね。 

春なら、苺、通年なら、オレンジ、キユウイ、グレープフルーツ、メロン、パイナップルなど、家でも出来るものが良かったです。 

 

パフェには、フルーツの他に、煩悩の塊のコーンフレークと生クリームとソースが必要です。 

ポッキーもあればいいですね。 

今回は、家にあった小枝を使いましたよ。 

 

ビレロイゴッポのタブレットチョコフレークを入れて生クリーム入れてグラスの淵にキユウイ貼り付けて芯にオレンジカットキユウイのサイコロカットゼリー、光背にオレンジのスライスを配し、生クリームとチョコソース、それに彩のチョコを添えて、小枝を添えました。 

 

出来としては、良くないながら、家ですからね。 

あるものでしたにしては、こんなものです。 

「パフェの日の宵山」でしたからね。 

 

家族3人銘々に盛りも違っています。 

それもユニークでいいです。 

個性の塊です。 

 

嫁がオレンジの皮付カットを、グラスの淵に盛りたかったみたいですが、嫁のパフェグラスには合わないので、写真はカットしました。 

オレンジを1/8にカットして、その上で、上部をカットして、下の部位からベティーの刃を皮と実の間に這わせて、皮は斜めにカットです。 

 

メロンとかにも、このカットは使いますからね。 

グラスの淵がストレートのグラスには、させますからね。 

今回は、下準備が出来ていなかったのが、少し残念です。 

 

ランチの後のデザートタイムも、娘のゆうゆうは上機嫌でした。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

週末 テッパンランチ 醤油味の焼きそば 

お題「ささやかな幸せ」

急に週末暑くなりましたね。 

何やら群馬では、気温計が40台を越えて様ですね。 

6月なのにって言いたくなります。 

今年は、この地域でも最高気温の記録も出そうな予感です。 

 

それが為に、街お越ししている都市もあるみたいですね。 

熱中症対策に警鐘を与えるためには、どこの都市でも起きる可能性があります。 

涼しく過ごすように工夫も必要です。 

 

週末、我が家のランチと言えば、最近は、パンやピザに押され気味ですが、定番の麺もあります。 

週末定番の焼きそばにしました。 

 

醤油味の焼きそばです。 

お肉は、牛肉、キャベツとニラとシメジを入れて、中華鍋で炒めたています。 

関西では醤油味焼きそばと言えば中華屋さんありますね。 

私の中では餃子の王将の醤油味の焼きそばが好きです。 

 

味はこれに近づけています。 

定番のソース味ではソースの味が命ですがその分ソースの味に焼きそばが負けてしまいます。 

その点豚肉でなく牛肉なら醤油味もあります。 

 

焼きうどんがそうどてすね。 

焼きうどんの肉は豚肉より牛肉合います。 

味付は、醤油味です。 

酒のみの肴にもなります。 

 

醤油の香ばしい香りと味がいいです。 

今回は、嫁がネットで取り寄せた「牡蠣醤油」使いました。 

少し甘味があって、旨味が強いです。 

これを使いました。 

 

焼きめしにするなら、新福菜館の焼きめしの味をイメージさせます。 

五光でなく、いろいろと使えて、我が家では七光りしていそうです。 

とりあえず、焼きそばに仕上げました。 

ソース味の焼きそばもいいですが、醤油味の焼きそばもいいですね。 

ニラも入って、キャベツも入って、野菜たっぷりで、夏の元気を貰えそうです。 

 

夏は野菜を食べてスタミナ付けたいです。 

ご近所から頂いた大量の地の胡瓜も、いろいろと使っています。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

ニチレイ 香味炒飯 600グラム 食べてみました 

 

週末のランチタイムはそこそこ曖昧です。 

何か作ろうとする意欲的な時もあれば、真逆のやる気のない時もあります。 

接骨院での施術を受けて、体調がいい時もあれば、真逆の時もあります。 

不思議です。 

 

不思議だと思う時ほど、手抜きをしたくなるものです。 

この日は嫁も同じでしょう。 

食事担当の担務を、楽ちんなものにするなら、「ニチレイ 香味炒飯 600グラム」です。 

多少も目論見は、ハズレました。 

 

もっとお手軽に出来るのかと思えば、なかなか手間が掛かります。 

家族3人分にするために、余っていた白ごはんをプラスして、かさ増ししました。 

それなら、ちょうどいい量になります。 

味は、程よくいいと思います。 

 

もう少し手を加えたら、もっと本格的なモノになるかもしれませんが、気分が低空飛行の日は、これで十分です。 

最近の冷凍食品もよく出来ています。 

独り身の時は時々、冷凍チャーハン食べていました。 

スーパーでも冷凍炒飯特売の時もあります。 

 

手抜き用に少しストックも必要かもしれません。 

毎日毎日手抜きをせずにやり過ごすことは出来ません 

 

だいぶ前のツイッターで、スーパーのお惣菜売り場で、主婦がポテトサラダを買っていたのを見た投稿者が、家でポテトサラダぐらい作れって言って、少し炎上したのを思い出しました。 

ポテトサラダは、手作りするのに時間と手間が掛かります。 

食べたいならスーパーのお惣菜が一番です。 

 

家族3人ならコスパを考えて作ります。 

材料もあるので、作れますが手間が掛かります。 

時間を食うんですかよね。 

 

それなら、もっと時短のスパサラにしてよって、思います。 

こちらは、もっと時短で作れます。 

パスタを茹でで洗って冷まして放置プレーです。 

ゆで上がる時間を使って胡瓜やハムをカットすればいいだけです。 

 

パスタも半分に折って鍋に入れるともっと効率よくなります。 

茹で過ぎた位がいいでしょう。 

ナポリタン要領です。 

ずぼらな私にはちょうどいいです。 

 

時間があるので、他のおかずも同時進行で作れます。 

この日の夕飯もメインはグリルチキンでしたが、手抜きの方法でやっています。 

 

ただ、ポイントはハズさない事、下処理はすることは、重要です。 

グリルチキンも鶏を皮をしっかり伸ばしてフライパンで焼きます。 

皮目がパリっとするのが、ポイントです。 

 

蓋して蒸し焼きにしてしっかりと中まで過熱するのが基本です。 

食中毒には、注意です。 

鶏肉は、当たると怖い食材です。 

 

もちろん、時には豚肉以上に、当たりやすいです。 

キッチンの温度管理とこまめな手洗い庖丁まな板洗いです。 

 

最初に、サラダの用意をしてから、衛生的に調理をしないと、危険です。 

肉の調理前に、添え物のコールガロニーの野菜の切り込みと盛り付けもしています。 

ラップをして冷蔵庫に退避させています。 

そして、肉の調理です。 

調理の手順を頭の中でシュミレーションします。 

 

我が家も小さな子供が居るので、味の美味さより、確実に火を入れて、食中毒を起こさないのが、最優先です。 

この時期、私はハンバーグはしませんよ。 

この時期のミンチ肉は、当たりやすいです。 

ハンバーグの中心部まできちんと過熱するのは難しいです。 

 

過熱するとパサパサになります。 

そうさせないのが、テクですね。 

どうしてもやるというなら、煮込みハンバーグにすることです。 

確実に、中心部まで、過熱されますよ。 

 

トマトソースで煮込めば、冷めても弁当におかずにもなります。 

トマトソースで、味も抜けません。 

パスタを添えれば、食べ盛りの子供さんがいる家庭は、かさ増し出来ますし、食費のコスパもいいです。 

 

業務スーパー1kgの袋パスタを使えば、大所帯の家庭でも、食べ盛りのお子さんも、量で満足してくれます。 

邪魔さくさいなら、冷凍の肉団子を使ったら、少し楽できますよ。 

トマトミートボールとパスタ添えです。 

トマトソースと、パスタの相性も大変いいですからね。 

 

冷凍食材を上手に使えば、暑い最中でも、キッチンのコンロ前で、暑い作業は多少回避できます。 

今回のニチレイ 香味炒飯 600グラムは、レンジでも出来ますが、フライパンで過熱した時と時間的には、変わらないみたいです。 

 

どちらを使うかは、その時の気分ですが、私はフライパンで過熱しタイプです。 

調理したって感じがしますからね。 

 

手抜き時短の料理も、いろいろとチャレンジして、上手に時間を使って、この暑い夏を乗り越えたいところです。 

6歳児ゆうゆうは、美味しい美味しいと言って食べていました。 

父さんのチャーハンが、最高だっちゅうのは、いつものサービストークみたいです。 

残念でした。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

50代中年親父の健康管理 街中の血圧測定 より。 

お題「ささやかな幸せ」

週末に6歳児の娘のゆうゆうと、自転車で出かけました。 

これと言って行く予定はありません。 

公園に行きたいと言うので、自転車で近鉄の駅近くに行きました。 

 

そんな中街中のドラッグストアーあった無料の血圧測定機に腕を通して、計測しました。 

最近役所に行く用事があった時、同じように血圧を測定したら、だいぶ高い目の上140が越えていました。 

 

そんな数字を出すはずもなく、また別の機会に行った時に計測すると、上が138近くありました。 

上が130越えたら、私の歳で、注意でしょう。 

そんなこんなで近くにあってので計測しました。 

 

上が117mmHgしたが70mmHg、心拍数も68とこれなら、いつもの私の体感する血圧です。 

役所の測定器が壊れていたのか、体調が悪かったのか、不明のままです。 

家でも、嫁の血圧測定機があります。 

勝手に引き出して、血圧計るほどでもありません。 

 

少しいろいろと年齢的に、注意が必要になって来たのかもしれません。 

あくまでも素人判断ではイケませんが、意識的に注意するのは、啓発としていいように思いますね。 

ただ、ネットの動画でも、歳が行くと血圧が高くなるのが、人間の体の節理だと言う方も居られますからね。 

その辺りは、触れてはイケない医療の闇があるのも事実です。 

 

とりあえず、子供も小さいですから、元気で居てやりたいです。 

健康には、いろいろと気を付けています。 

特に、食生活には、気を付けています。 

この時期、暑くなりますので、塩分補給も必要です。 

食事に、塩分の調整が利くように、漬物を取り入りています。 

 

私の作るのは、自家製のきゅうりのキューちゃんです。 

ご近所から、巨大な胡瓜を数本頂いて、これを効率よく食べようと思って始めた漬物です。 

酢、酒、砂糖、醤油の割合に、出汁醤油の調整して、バルサミコ酢を隠し味にして、生姜、鷹の爪をスライスしたモノを鍋で煮ます。 

ここにカットした胡瓜を入れて、数分に煮ます。 

胡瓜の芯が温かくなって、過熱される程度にしています。 

これを冷まして、冷蔵庫に保管しています。 

 

鷹の爪のアクセントもありますし、食欲のない時でも、食事が進みます。 

私は、ごはんに漬物があると、幸せを感じるタイプの人間です。 

漬物は、香の物と言いますから、四季の旬の香りを楽しめます。 

胡瓜の糠漬けも、柴漬けも、野沢菜着けもよく買いますが、ご近所さんで頂いた大量の胡瓜がある間は、自家製のきゅうりのキューちゃんで、漬物を楽しんでいます。 

 

冷奴の豆腐に盛ってもいいし、酒の肴にもしています。 

適度な心地よい塩分を摂取して、これからやって来る本格的な夏に備えたいところです。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり スジコン(牛スジ肉と蒟蒻を甘辛く炊いたん) より。 

お題「ささやかな幸せ」

6歳児ゆうゆうが、毎日元気に小学校に通っています。 

最近はプールの授業もあって、楽しみにしています。 

それに、食いしん坊のゆうゆうが、楽しみにしているのが、学校給食です。 

 

私たちの世代とは、別物かもしれません。 

保護者に対しての給食試食会もあるんですよ。 

とは言え、私も嫁も、参加できていません。 

 

食べ物に対する食育が注目されています。 

そりゃ、食べ物を頂くのは生きることへの執着です。 

悪く言えば人間の(ごう)ですからね。 

 

私たち世代の人気の給食メニューと言えば、カレーシチュー、焼きそば、それに今では珍しくなった鯨肉の揚げ物、それも当時はノルウェー風とかいうソースが和えてあったように記憶しています。 

絶対にノルウェーじゃないメニューでしょうからね。 

 

鯨肉の揚げ物ノルウェー風ソース和え

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

鯨肉は、筋っぽいです。 

照り焼き網焼きにするのが好きでした。 

もちろん、揚げ物も美味いと思います。 

給食の鯨肉の揚げ物は今でも舌の記憶として残っています。 

 

大人になるとやはり、尾のみの刺身かもしれません 

生姜醤油頂くのがいいです。 

今でも近くのスーパーでも売られています。 

 

スジ肉と言えば、私の中では関東煮(おでん)の牛スジ肉です。 

関東煮(おでん)だけでなく、スジ肉うどんも好きですし、スジ肉料理が好きなんでしょうね。 

出汁で煮ていもいいし、甘辛く煮てもいいです。 

 

先日、牛スジ肉と蒟蒻を甘辛く炊きました。 

京都風に言うなら、牛スジ肉と蒟蒻を甘辛く炊いたんでしょうね。 

 

今でこそ、スジ肉は高価ですが、昔は安かったです。 

そう鯨肉が安かったのと同じです。 

時代と共に希少価値ともに、値段が高騰しましたね。 

 

スジ肉は、下処理も必要です。 

それに、蒟蒻の下処理もしています。 

酒も生姜も、醤油、みりん、砂糖も入れています。 

今回も手抜き時短の料理ですが、下処理のポイントは外していません。 

 

岳父が好きでしたので我が家の味になっています。 

6歳児ゆうゆうも、スジ肉に抵抗はありません。 

筋っぽいことはなく、筋のケンの所もねっちょりと柔らかくなっています。 

日本酒にも発泡酒にも合います。 

天にはネギと白ごまをフリフリしています。 

 

私の食べる時はイチラーですから、一味唐辛子もフリフリしています。 

とりあえず、甘辛くて美味いです。 

とは言え、岳父の味付けよりは甘味も控えています。 

岳父は下戸でしたが、私の味付けは酒呑みが好む程度の味付けにしています。 

 

小鉢小皿程度でなくメインにしてもいいですからね。 

播州人としては、神戸のボッカケにも通じます。 

テッパンで、味付けのスジ肉を炒めたり、お好み焼き入れたりもします。 

スジ肉カレーも大好きです。 

一手間掛けた旨味がありますからね。 

 

久しぶりにスジコン食べると気分的に元気になりますね。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

マイデスクのパソコン環境 時計のある風景 より。 

お題「ささやかな幸せ」

最近YouTubeでもデスク環境の動画をよく見ます。 

オシャレなパソコン周り、デスク周りは、憧れます。 

我が家では、そうしたオシャレな環境は、皆無です。 

ただ、自分にとって使いやすさを、日々求めています。 

 

パソコンでは、時計表示があるのが、必然ですね。 

私のパソコンでも、モニターの右下に時間の表示が常時出ます。 

少し前のパソコンでも、時計のガジェットが流行りましたね。 

ただ、常時丸時計のガジェットは表記されませんからね。 

 

それならと、デスク周りに、柱時計風の時計を配置しています。 

見えにくいですが、角度の付けた斜めに設置しています。

私が20歳頃、京都三条の橋を渡った所にあった時計屋さんで見つけた安い柱時計風の時計です。 

色合いも、35年以上使うと剥げます。 

 

もちろん、外装はプラスチックですが、最初は落ち着いた茶色でしたが、当時携帯電話が無かったものですから、この時計をポケットの中に入れて持ち歩いていました。 

腕時計をしなかった当時です。 

 

もちろん、タイマーも付いていますのでこれで若い時はこの時計の電子音で長い間目覚めていました。 

今でもデスク周りに置いて愛用しています。 

学生時代の友達が見たら、「物持ちがいいなぁ」とバカにされそうです。 

当時の愛用の革ジャンも今でも持っていますよ。 

 

モニター周りに配置できないかと長い間模索してきました。 

iiyamaモニター台とローデスクの間にすき間を見つけて、ここに差し入れています。 

本来は、きちんとローブルに固定するつもりでしたが、位置をどこにするのか模索している内に、ローテーブルに固定しなくてもいいかもと思うようになりました。 

ローテーブルの下に、 愛用のパソコン(HP EliteDesk 800 G3 DM/CT)設置しています 

 

今後の予定は未定です。 

固定することも考えています。 

とりあえず、位置決めが本決めするまで、このまま運用します。 

 

ただ、アナログの丸い文字盤の時計のある風景は、いいですね。 

デスクの置いている居間にも、丸時計置いています。 

デジタル表示とは、また違う味わいがあります。 

時間とは別に、残り何分あるのか、そんな情報も感覚的に掴めます。 

 

故障せずに、35年以上、このまま50年は使いたいですね。 

愛用の品とはそうしたものだと思います。 

これと言って故障もなく時を刻んでくれています。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

週末我が家のランチ 具沢山の冷やし中華の一皿 

お題「ささやかな幸せ」

週末ランチは、私のブログの定番の記事シリーズです。 

勝手にシリーズになっています。 

 

この時期、ランチ言えば、何か食べよいモノがいいです。 

そうなると、麺ですね。 

うどんやそばやそうめんもいいです。 

私の中では、ラーメンです。 

熱いと言うので、脚下されそうになります。 

 

それならと、業スーで買って来た1kg中華麺の乾麺を湯がいて、冷やし中華に用意しました。 

タレは、YouTubeの動画やネットで見つけた冷やし中華のタレを見て、自分で作りました。 

いつも食べている程のインパクトはありませんが、悪くはないです。 

最後にごま油は生姜を入れて好みの味調整します。 

 

具材は、シンプルに、トマト、ハム、錦糸玉子、胡瓜です。 

色合いも、赤、緑、黄、肌色って所です。 

チャーシューも用意していましたが、冷やし中華には、ハムの方がいいかもしれません。 

シンプルな料理だけに、いろいろな細かい気遣いは必要です。 

 

ポイントは、ザルに押し付けて、水気をこれでもかと絞る事ですね。 

水気が残っていると、タレが薄まります。 

家で作った冷やし中華にも、マヨネーズは入れます。 

私も入れる派です。 

 

6歳児ゆうゆうも、麺類は好きです。 

冷やし中華もよく食べています。 

写真は子供盛りです。 

 

玉子が好きですから、錦糸玉子も、これ以上盛禁止ので盛っています。 

ハムも大好きです。 

胡瓜もトマトも大好きです。 

 

夏バテと言う言葉は関係ないくらいに、元気よく食べてくれます。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

冷やし中華(冷麺)の「ひ」

 

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705