''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

播州の思い出の味、イトメンのチャンポンめん 食べてみました。   

 

お題「好きなシリーズもの」

少し前に全面黄色のスーパー玉出で、少し安くなっていたインスタント麺を見つけて購入しました。 

播州人には、懐かしいソールフードのイトメンチャンポンめんです。 

 

インスタントの袋麺の創成期に出来たインスタントラーメンの金字塔です。 

この時期には、今にも繋がる有名なインスタントラーメンがありますよね。 

その時代の流れで、播州には、イトメンチャンポンめんです。 

f:id:kantoshoue:20210412105935j:plain

スープも独特で附属の小袋に乾燥した椎茸や海老が入っています。 

絶対無比の味わいです。 

多分播州人にしか理解されないくらいの思い入れがありますが、美味いですね。 

 

播州と言うと、「ばんしゅう」と読みますが、播の字を「ばん」と読むのは、播州だけです。 

不思議な読みになっています。 

播州と言えば、口に付くのが、播州赤穂ですね。 

赤穂浪士の赤穂です。 

 

瀬戸内の穏やかな海と穏やかな気候です。 

争いを好まない民が、播州ですね。 

一度好きになったら、死ぬまで好きなのも、その特性かもしれません。 

 

多分、私もずっと播州で育って暮らしていたら、あのまま浮気せずに、インスタントラーメンは、イトメンチャンポンめんが、メインかもしれません。 

久しぶりに食べると、美味いです。 

時折、スーパーで見つけては、購入していますが、どこのスーパーでも、定番のプロパーの商品としては置いているところが少ないです。 

 

ネットで、箱買いも検討していますが、そこまで中毒にはなっても困ります。 

時折、スーパーで見つけては買って食べるくらいの距離感がいいですね。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

週一テッパン、ソーセージと絹さやのソース焼きそば より。   

 

先日播州の父から自家製の野菜が届きました。 

新玉ねぎや絹さやなど、いろいろと入っています。 

ありがたいことです。 

 

絹さやは、煮物などに彩りに使えます。 

玉子とじにしても美味いし、サラダにしてもいいです。 

いつものように、冷蔵庫と相談します。 

賞味期限の近い焼きそばの麺がありました。 

f:id:kantoshoue:20210413105258j:plain

それなら、冷蔵庫にあるソーセージと、絹さやをメインに、焼きそばにしてみました。 

もちろん、冷蔵庫に余った野菜も使いました。 

天には、半熟の目玉焼きを盛りました。

焼きそばは、いろいろとアレンジが出来ます。 

 

関西人の私には、焼きそばは、焼きそば定食にして食べることが多いです。 

焼きそばと白ごはん、それに汁物が欲しいです。 

炭水化物×炭水化物と、よく揶揄されますが、ラーメンライスは、普通でしょう。 

 

関西人でもお好み焼きとごはんは食べません。 

ですから、私のチョイスの中に、お好み焼き定食はないんです。 

同じ関西人でも、色々な方が居ますよね。 

 

私の中では、麺とライスはありです。 

ラーメンもうどんも焼きそばもです。 

関西のラーメン屋や中華屋さんでも、ラーメンとチャーハンのセットは、定番です。 

量の問題から半チャン呼ばれるランチセットは、ド・定番です。 

ラーメン1人前と、半チャーハンのセットを、半チャンと呼ばれることが多いです。 

 

関西人は、麺とライスも組み合わせが好きですね。 

蕎麦屋でも、関西では、うどんやそばと、小さな丼のセットも多いです。 

逆に、丼と小うどんや小そばのセットも、よくあります。 

そういう文化圏なんでしょう。 

 

関東圏では、こうした麺とごはん物のセットは少ないんでしょうかね。 

炭水化物×炭水化物は、定番だと思いますけどね。 

 

関東圏では、蕎麦屋のそばは、美味そうに感じます。 

テレビでもよく紹介されている駅近の立ち食い蕎麦も、美味そうに感じます。 

本格的な蕎麦も多いと聞きます。 

 

関西では、そうしたお店は少ないです。 

駅中や駅近の立ち食い蕎麦は、期待感は少ないのが、現実です。 

とりあえず、空腹を満たすのが目的です。 

 

外回りをしていた頃は、駅中でのそばをよく食べましたね。 

嫌ではありません。 

ただ、特にそばは、期待以上を求めないようにしています。 

 

時間があれば、中華屋や定食屋に入る事が多かったですね。 

当たり外れが、少ないです。 

時折の定食屋の定食の中で、焼きそば定食があれば、食べることが多かったですね。 

大抵は、ハズレません。 

 

カレーを注文するのと、似ています。 

カレーも、あるにはありますが、ド・ハズレは少ないです。 

焼きそばも、ソース味なら、ド・ハズレは少ないです。 

 

その週間から、家でも焼きそばには、小ライスを付けます。 

ソースとライスが、よく合います。 

ウースターソースに個性があるのは、京都です。 

不思議なくらい、個性の強いソースがあるんですよ。 

 

焼きそばに合うソース、焼きめしに合うソース、コロッケに合うソース、いろいろと個性が強いと感じています。 

 

大阪も、神戸も、個性の強いソースはあります。 

ドロソースと呼ばれるソースや、串カツによく合うソースも、多いです。 

いろんなソースの組み合わせをして作る焼きそばも楽しいです。 

 

我が家のソースは、定番ウースターソースが多いです。 

コスパ重視の我が家のソース選択です。 

その中でも、いろいろとアレンジします。 

ソースと醤油や粉末ソースを組み合わせて、オリジナリティーを求めています。 

最近では、ソースと醤油と水のブレンドにしています。 

 

醤油を少し入れると、野菜モノが美味くなります。 

ソースだけのモノに比べると、味が刺々しくないですよ。 

冷蔵庫と相談して、賄い焼きそばこそ、我が家の焼きそばです。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

2021年(令和3年)4月の我が家のエコな電気代 より。   

お題「ささやかな幸せ」

どうにも肘の痛みが、取れないですね。 

痛み止めのロキソニンSを、朝食の後の服用して、少し痛みが緩和した気がします。 

寝ている時に、痛みがマシマシになるのは、やはり、辛いモノです。 

睡眠が、浅くなって、寝た気がしませんね。 

 

季節の変わり目で、肘の軟骨が突起したような気がします。 

うーん、年は取りたくないものです。 

 

そんな事は別に、気温が一定しませんね。 

朝晩は、少し肌寒い気がします。 

それが、肘の痛みをマシマシにする原因でもあります。 

 

仏の世界でも、法華経の中、十如是(じゅうにょぜ)呼ばれるモノがあります。 

法華経』方便品に説かれる因果律事です。 

要するに、何かの原因があって、その結果が出ることですね。 

 

もっと詳しく言うと十如是とは、相(形相)・性(本質)・体(形体)・力(能力)・作(作用)・因(直接的な原因)・縁(条件・間接的な関係)・果(因に対する結果)・報(報い・縁に対する間接的な結果)・本末究竟等相(相から報にいたるまでの9つの事柄が究極的に無差別平等であること)をいい、諸法の実相、つまり存在の真実の在り方が、この10の事柄において知られる事をいう。 

要するにこの世のすべてモノが具わっている10の種類の存在の仕方、もしくは方法を云うと言う事です(ウィキペディアWikipedia)』参照) 

 

最初の如是相以外は、見えない一連の流れですからね。 

人間の体で言えば、腹が痛くなったと言うのには、それなりの理由がありますからね。 

体を冷やしたからなのか、傷んだモノを食したのか、その原因結果の流れだと思えば、少しは私のような凡人にも解るような気がします。 

 

こんなの「十如是」でこで使うのか、どこ関係するのかと言えば、意外と多いんですね。 

アニメのワンピースの中、剣豪ゾロが使う技に「三千世界」と言うのがあります。 

これに関係します。 

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」とは、高杉晋作が唄ったとされる都々逸(どどいつ)の歌詞でも有名です。 

 

あの三千世界ですよ。 

天台の妙義「一念三千の法理」のことですね。 

計算式にすると、10×10×10×3=3000です。 

 

詳しい言うなら十界互具(10×10)で百界、その百界にそれぞれ十如是(×10)があるから千如是(1000)となり、千如是は、「五蘊(ごうんごおん)世間」、「仮名(けみょう衆生とも)世間」、「国土(こくど)世間の三世間(×3)の各々に関係するので三千世間(3000)となると言う法数の展開です 

 

難しい事は分かりませんが、そんな世界に私達仏教徒は居るのです。 

もちろん、天台の流れを組む仏教世界(法華経)しか存在しません。 

凡人にすれば、不思議な世界観です。 

とりあえず、ゾロの必殺技になっています。 

 

因みに、仏の世界に関係する六道の辻も現実にある場所です。 

この世とあの世の行き来できる井戸がある場所ですよね。 

参議・小野篁伝説でも有名です。 

現実の方ですよ。 

 

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟 

百人一首11番和歌にも出て来ますのでこちらも有名です。 

 

ここを東に登っていけば、清水寺です。 

南に下がれば、六波羅蜜寺です。 

少し東に行って路地に入れば、スーパー「ハッピー六原」がありますからね。 

 

こ存じないですかね。 

私もここで買い物して、伏見の家に帰ったモノです。 

懐かしいです。 

f:id:kantoshoue:20210414112454j:plain

2021年4月の我が家のエコな電気代です。 

使用量142kwh   請求金額3,297円 です。 

前年同月比 -0.6%です。 

 

意外と健闘しています。 

三千世界から外れましたが、我が家の三千円の世界です。 

ここで繋がりました。 

 

ケチケチ作戦はしていません。 

無駄を省くだけです。 

使わない電気は消すだけです。 

我が家の諸法の実相です。 

全ての存在のありのままの真実の姿ですよ。 

 

一軒家に暮らしています。 

それで、月の電気代が、5000円以下なら、大健闘していると思います。 

 

ノートパソコンに3台に、プリンター2台、モニター1台、アンプもあれば、オーディオ機器もあります。 

屋外に金魚の水槽に、エアーも2台付けています。 

防犯カメラも、IPCAMERA 4台24時間作動しています。 

 

炊飯器もあれば、冷蔵庫も、東芝の石窯オーブンレンジもある。 

普通の暮らしに困りませんよ。 

 

もし、何か秘訣と言われれば電灯をLEDにしたのは、大きいと思います。 

玄関入ってすぐにピアノの部屋に、寝室に、居間に、リモコン式のLEDにしています。 

これが意外と便利です。 

1つのリモコンで、すべての電気のスィッチを管理できます。 

 

玄関にリモコンがあって、これを使えば、玄関の室内灯を靴を抜かずに点けられます。 

もちろん、居間も点けられますね。 

これは大変便利です。 

電気代も激安ですね。 

使わないという選択肢はあり得ません。 

 

その程度でしょうかね。 

いろいろと工夫はしています。 

そうしないと、エコな暮らしにはなりませんし、電気代も安くなりません。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

 

宗教評論家「ひろ さちや」の「ひ」

 参議・小野 篁の「お」

スーパー「ハッピー六原」の「ろ」

痛風発作によく効く「ロキソニン」の「ろ」

「十如是(じゅうにょぜ)」の「し」

 

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 春雨サラダの小皿 より。   

 

お題「昨日食べたもの」

どうも週末に、肘が突然痛くなり、寝ていても痛みで目が覚めるほどです。 

服を着るのも脱ぐのも、嫁に手伝って貰わないとイケないほどの悪化したのが、最悪です。 

いつものように、痛風の発作と同じで、痛み止めのロキソニンSを服用しています。 

 

5歳児ゆうゆうが、ロキソニンの箱を触っていると、ロキソニンS、飲むの?」って突然聞いて来たのには、驚きました。 

5歳児で、普通の会話に、「ロキソニンS」と言う単語は出ませんからね。 

嫁の頭痛にも、ロキソニンSを使っているので、耳で聞いて覚えたようです。 

 

ゆうゆうには、いろいろな言葉を教えています。 

子供だからと言う理由はありません。 

日常に使える言葉は、子供大人も関係ありません。 

新聞を見ていて言うのは、コロナウイルス感染拡大」です。 

日々の暮らしの中で、よく聞くので、そう言うみたいですね。 

 

我が家は、大人も子供食事は同じ内容です。 

ですから、我が家の食卓に上がるのは、サラダです。 

子供同じサラダを食べます。 

 

夕食に、サラダを一品付けると、おかずの収まりがいいです。 

ごはん、汁物、メインに、小鉢2品が、我が家の基本形です。 

 

サラダを付けるとその小鉢1品が埋まります。 

汁物は、時短手抜の心得で、食材の端材を使えば、効率的です。 

 

メインの端材も使えばいいです。 

サラダの端材を使えばいいです。 

小鉢の端材を使えばいいだけです。 

 

いつものお湯を鍋に張って、汁物の用意しています。 

出汁だけ用意すれば問題はありません。 

便利です。 

 

料理屋さんでも、大きな鍋で「捨て湯」と言うのもいつもの用意しています。 

本当に捨てるのでなく、煮物にするにしても、沸騰しているお湯を捨て湯から取って入れれば、時短できます。 

 

家では、給湯器から使えば問題ありません。 

ただ、何でもスタンバイが必要です。 

同時進行で、汁物、多くは味噌汁を作れるから便利ですね。 

f:id:kantoshoue:20210412104032j:plain

この日のサラダの小鉢は、春雨サラダです。 

サニーレタスを1枚敷けばいいだけです。 

胡瓜、ハム、錦糸玉子と、春雨が入っています。 

天には、白ごまフリフリしています。 

 

春雨も、4分程湯掻けば、すぐに用意できます。 

その間に、具材のカットを用意します。 

あとは、春雨を冷やして、水をよく取って、具材と合わせるだけです。 

時短手抜きなら、和えの地は、中華ドレッシングを入れれば、それで完成です。 

 

百均でドレッシング売っています。 

時間がある時は、自家製のドレッシングを作って入れれば、家庭の味に染まります。 

 

大変手軽に、スーパーで売っているような春雨サラダが出来ますよ。 

時短即席手抜の代表格です。 

もちろん、カットして出た端材は、味噌汁の鍋に入れて下さいね。 

 

サラダも、毎日付けると思えば、苦痛はありません。 

簡単なモノなら、ハムサラダ、豆腐サラダ、海藻サラダ、野菜盛に添えるだけです。 

晩酌やお弁当の前提にするなら、ポテトサラダ、スパサラダ、マカロニサラダ、ナポリタンサラダ、胡瓜シーチキンサラダ、この辺りは、手軽で便利です。 

 

スパサラやマカロニサラダも、カレー粉和えると、カレー風味のサラダになって、バリエーションが増えますよ。 

カレー粉入れるだけで、味変します。 

これ我が家でもよく使います。 

 

我が家の5歳児ゆうゆうは、最近梅干しにハマっています。 

私が梅干し好きですからね。 

嫁はあまり好みません。 

朝ごはんにも、梅干し出してやると、いの一番に口に入れます。 

 

酸味の強いモノも好きみたいです。 

酢の物もよく作ります。 

胡瓜が安いと出来ます。 

家では、乾燥ワカメもありますし、この時期若竹用のワカメも冷蔵庫にあります。 

序に、味噌汁には、ワカメを入れることになります。 

 

蛸があれば、蛸酢です。 

カニ缶があれば、カニ酢です。 

蛸もカニもなければ、冷蔵庫と相談して、カニカマをカットしてほどいて、カニカマの酢の物にします。 

 

これで、小鉢2品の完成になりますね。 

何もないなら、出汁巻き焼くだけです。 

冷蔵庫には、卵は入っていますので、3個使えば、1本の出汁巻きを用意できます。 

巻き簾で巻いて形を整えて、6貫落としにして、1人前2つの出汁巻きの小鉢になります。 

5分~7分ほどあれば、出来ますからね。 

 

この時期は、やはり筍です。 

若竹煮が多いですね。 

これも、小鉢にします。 

筍の端材は、味噌汁にしてもいいし、すましにしてもいいと思います。 

筍の姫皮は、酢の物にも出来ますね。 

 

食材は、余すことなく使い切るように、心がけています。 

春の旬には、いろいろと楽しみも見つけ出すことが出来ます。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 鰤のしゃぶしゃぶ鍋 より。   

 

先日の週末、嫁が何かを買って来ました。 

それは何かと尋ねたら、大きな鰤の皮付き切り身です。 

これで何をするつもりとさらに尋ねると、「安かったので、刺身としやぶしゃぶにしてよ」って答えが帰って来ました。 

 

うーん、まさに鰤の塊です。 

家で出来る範囲となると、いろいろと考えます。 

皮を身から離して、皮は塩焼きします。 

 

程よい所を、刺身用にして、残りをしゃぶしゃぶ鍋用に、🦴アラの所や血合の所は、皮目と一緒に塩焼きにしてましたね。 

 

鰤の皮も塩してバリバリに焼いて食べれば乙な味です。 

脂の乗った所は、刺身にしました。血合いの所も、綺麗に使うなら、しゃぶしゃぶ用です。 

f:id:kantoshoue:20210412151229j:plain

写真は、しゃぶしゃぶ用の一部です。 

とりあえず、網目の中皿に、並べて手見ました。 

もっと大きな皿があれば、花が咲いたように、並べられます。 

家ですので、和の皿で、しゃぶしゃぶ用となると、手頃なモノが残っていなかったです。 

 

あくまで、ブログの写真様なので、見た目の良さを中心にしましたよ。 

見た目が悪くても、味に変わりはありません。 

それらも、鍋に入っています。 

 

だし昆布を入れた鍋に出汁を張っています。 

出汁は、基本昆布です。 

魚なので鰹の出汁は、使いません。 

 

白菜、人参、長ねぎ、豆腐、揚げさんを入れました。 

後は、鰤ばかりです。 

家族3人なら、たっぷりと鰤が食べられます。 

5歳児ゆうゆうは、いの一番に刺身から食べていました。 

鰤の刺身が好きですね。 

 

新鮮なモノなので、臭みはありません。 

臭みがあれば、ゆうゆうは食べませんからね。 

しゃぶしゃぶにしても、本来のしゃぶしゃぶの出汁に潜らせるよりは、もう少し出汁に浸からせます。 

 

厚めに切ったので、中はほんのり刺身ですが、周りは仄かに加熱されています。 

口どけがいいですね。 

刺身でもないし、焼いたりした鰤でもない。 

しゃぶしゃぶ感があります。 

 

血合いの嫌な匂いもありません。 

昆布の出汁も鰤の出汁に邪魔しあいませんよ。 

ゆうゆうも、食べています。 

私の中では、豆腐が一番うまいです。 

出汁の味が、豆腐に吸い上げらけて、美味くなっています。 

 

これを見れば、鰤は皮付きの塊に限ると言えますね。 

捌くのに、魚用の大きなまな板と、出刃庖丁に、柳刃庖丁があってこそできます。 

愛用の小出刃も使いました。 

魚を料理するには、いろいろと道具があると便利ですね。 

 

5歳児ゆうゆうのママゴトセットにも、庖丁は3口用意しています。 

小出刃、柳刃、菜切り庖丁です。 

シンクも用意しています。 

ガスコンロも、鍋もフライパンも用意しています。 

 

私が魚を捌いていると、それに何庖丁?と尋ねますね。 

「柳刃」と答えると、「ゆうゆうも柳刃庖丁持っている」と言い返します。 

もちろん、私が作ったのでそんなことは、当り前だのクラッカーですよ。 

 

作業していると、ゆうゆうが「猫の手して」と声が掛かります。 

いつも猫の手ですよ。 

「手を切らないでよ」って、女の子だけに、少し上から目線が気になりますね。 

 

そのくせ、出来上がったら、刺身を見て、「食べてもいい?」って、食べ始めます。 

鍋の準備に掛かっている最中です。 

 

いろんな娘の成長の様子が、垣間見れますね。 

少し少し知恵も付いて来ました。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

鬼滅の刃 炭治郎市松模様柄のクッキー、嫁が焼いてくれました より。   

お題「大好きなおやつ」

土日と言うのに、近くの公園地近くに散歩して位の子供との時間を過ごしました。 

いやいや、大阪の感染者ももうすぐ1000人近くになると、これはは脅威です。 

どこから行こうと子供に言われても、近くの遊歩道の公園に行ったくらいです。 

それそれで楽しい親子の時間です。 

 

日曜日には、嫁が手作りパンとクッキーを焼いてくれました。 

生地から作りますので、5歳児ゆうゆうもお手伝いしてくれます。 

お手伝いと言う事にしておきますという程度です。 

邪険にしてはイケません。 

手伝うと言う気持ちを大事にしてやりたいところですね。 

f:id:kantoshoue:20210411165627j:plain

炭治郎市松模様柄のクッキーです。 

クッキーの瓶に入れています。 

昔懐かしい駄菓子屋さんの菓子の小瓶と言ったところです。 

まだ少し熱を持っていますので、瓶の口を開けてハイポーズの図です。 

 

抹茶とココアの味の共演です。 

なかなか美味いです。 

これで、3度目ですが、少し少し工夫が必要になります。 

成功への道のりは、なかなか不安定ですね。 

 

当分、5歳児ゆうゆうのおやつは、この市松模様の炭治郎クッキーになりそうです。 

私もコーヒータイムに頂きます。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 時短即席手抜の筍入りビーフシチューより。   

 

ここ数日、朝晩が寒いです。 

日中は、過ごしやすい時もありますね。 

 

それにしても、朝晩が冷えるとなると、温かいモノが食べたなくなります。 

先日いつものとは違うスーパーに何々ペイ呼ばれるスーパー独自電子決算の入金すると、お得なポイント還元がありましたので、入金に行きました。 

 

我が家でも、幾つかのスーパーに電子決算するシステムを利用しています。 

まだまだ、ペイペイみたいにスマホで電子決算はしていません。 

WAONコーナンペイなたいな、見える範囲がいいですね。 

もちろん、マイカードとリンクさせてポイント還元しました。 

 

そのいつものとは少し違うスーパーで、その日は買い物をしました。 

でも、どこに何があるのか分からず、そのスーパーの特製も見つからず、その日の夕飯に選んだのは、ビーフシチューです。 

ビーフシチュー用の手頃なお肉があったからですね。 

 

嫁は、よく行くスーパーですが、私は嫁に付き添う程度しか行ったことはありません。 

それでも、ビーフシチューなら家の食材でも使い回しできるからでした。 

 

いつものように時短即席手抜のオンパレードです。 

アサヒ軽金属四角いテフロンフライパンに、食べ良い大きさにカットしたお肉を入れて、焦げ目を付けます。 

そして、ここに玉ねぎ、人参、シメジ、筍を入れて、さらに炒めて、水を入れて、ビーフシチューの素を入れて、煮込ます。 

 

筍は、嫁の仕事場からの戦利品です。

この時期、毎夜毎夜持ち帰って来ては、下処理しています。

この時期我が家の冷蔵庫には、筍がたっぷりあります。

入れると、美味いし、食感がいいです。

 

ここに、冷蔵庫に残っていたハヤシライスの素を足して、ケチャップ、隠し味のバルサミコ酢を入れて、更に煮込みます。 

 

20分程煮込んだ頃に、食べ良い大きさにカットしたジャガイモを投入して、とろみの加減を見ます。 

最後に、ボイルしたブロッコリーを入れれば、完成です。 

後は、食事の時間に盛り付ければ問題ありません。 

f:id:kantoshoue:20210410105432j:plain

天にパセボンフリフリすれば、それなりに見えます。 

この日は和食器に盛り付けました。 

家での食事感がします。 

 

この日は、1/4カットして焼いたトーストを添えています。 

5歳児ゆうゆうなら、2~3枚ほどとビーフシチューと副菜を食べれば、満足してくれます。 

熱々のごろっとしたジャガイモやお肉を、食べ応えあったみたいです。 

おいしいよって、評価いただきました。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705