''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

我が家の週末ランチ 具沢山のカレーソースの鉄板ピザ より。   

お題「手作りしました」

 暑いですね。 

暑いとなると食欲が落ちるのが人の常です。 

週末でも、我が家はコロナ禍の中、家籠りです。 

土曜日に、家族3人で近くのスーパーに買出しに行きます。 

 

先週の週末には朝から嫁が何かこねています。 

5歳児ゆうゆうも、お手伝いモードです。 

 

なるほど、この日のランチはピザでしょう。 

予測は当たりました。 

子供も生地を練って、準備が済めば、鉄板にピザ生地を敷いて、その上に具材を乗せていきます。 

5歳児ゆうゆうもお手伝いしてくれます。 

 

この日はカレーソースのピザでした。 

夏場の暑さとカレーの旨味が楽しめます。 

久しぶりにランチに発泡酒と取り出しました。 

暑いとこうなります。 

f:id:kantoshoue:20210802141553j:plain



ソーセージズッキーニトマト、オニオン、ダブルチーズって感じです。 

ソーセージは嫁のふるさとのあれの戦利品です。 

いいソーセージで大変うまいです。 

横で、5歳児ゆうゆうが、大好きなピザを食べています。 

 

我が家の東芝の石窯オーブンは、いい仕事してくれます。 

週末稼働率高いですね。 

 

コロナ禍でも、穏やかに静にして、家籠り出来ています。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 賄い風具沢山皿うどん より。   

お題「ささやかな幸せ」

暑いと夕食の用意が億劫になります。 

主婦あるあるでしょう。 

コンロの前に立つのが暑くて嫌ですね。 

それ以上に暑くて、夕食の用意する気がしないというのも、同感できますね。 

 

料理人の世界でも、この時期の夏場の焼き場、鰻を焼く炭火の前では、拷問です。 

暑いというより、更にその上の痛いという感じです。 

それを思えば夕飯ぐらいと奮い立たせます 

 

手早く用意をするなら、まずはサラダの用意です。 

時短で済ませます。 

 

次にやはり手抜きをするなら、麺でしょうね。 

茹でると暑いですからこの日は皿うどんです。 

皿うどんを更に美味しくするために麺をレンジで過熱して更にパリパリに用意します。 

 

具材はいつものように冷蔵庫と相談です。 

何がないとダメというのはありません。 

冷蔵庫にあるものを有効に使えばいいです。 

この日は、豚肉、玉ねぎ、人参、しめじ、ズッキーニ、レタスなど余っている野菜を投じました。 

f:id:kantoshoue:20210803103524j:plain



炒めとから付属の餡を用意して、最後に少しごま油を投じて、仕上げました。 

とろみは少し強い目に追い水溶きカタクリ粉を入れました。 

5歳児ゆうゆうも、麺がパリパリして美味しいと言ってくれます。 

 

娘のゆうゆうは、パリパリしたモノが好きです。 

羽根つきの餃子、胡瓜やレタスも大好きです。 

具材たっぷりの皿うどんご満悦です。 

 

野菜もいっぱい採れて体にもいいです。 

味は皿うどんの味です。 

本場みたいにソースをかけるのはなかなかハードルが高いです。 

そのままでも、十分美味いです。 

 

時短手抜きなら、麺料理がお薦めですよ。 

特に麺を湯がく必要がない皿うどんは、夏場の重宝する料理メニューです。 

失敗しないでしょう。 

水の加減のとろみの加減をしっかりと見極めるだけです。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

HP EliteDesk 800 G3 DM 新しい相棒がやって来ました より。    

お題「ささやかな幸せ」

暑い最中相棒のパソコンが重くなって来ました。 

やはり、HDD対応では仕方ないのかもしれません。 

今どきのパソコンは、SSDが普通かもしれません。 

呼び込み速度が早いというのが、勝因ですね。 

 

そこで、新しい相棒を導入しました。 

私の場合、ネット閲覧とブログ記事がメインです。 

ゲームなどはしません。 

そこで、それに長けたパソコンを中古で探しました。 

 

探すといろいろありますが、ある程度相場が出てきます。 

欲を言えば、最初からSSD対応であると助かります。 

今のパソコンの弱点を改善したいです。 

さらに欲を言うと、CPUは6世代7世代8世代辺りを狙いたいところです。 

 

コスパと価格の問題の間に揺れますよね。 

テレワークで、ノートパソコンの価格も、少し上昇しています。 

すでに、Win10対応の32ビットのパソコンは、2台あります。 

とは言え、時代遅れのCPU搭載モデルです。 

 

やはり、動作がもさもさします。 

それだけ長く使っています。 

現実問題としては、仕方ないところです。 

 

梲(うだつ)の上がらない夫では、現実問題です。 

梲(うだつ)とは、日本家屋の屋根に取り付けられる装飾性のある防火壁の事ですね。 

漆喰などで防火性がある分、設置には値段が高いというわけです。 

 

そんなダメ夫に、嫁の救いの手が入りました。 

それならと、後押しされた勢いで、新しいパソコンを検討していました。 

 

価格は、中古ですから、安いものでいいです。 

値段より実を優先しています。 

要望は、先にも書きました。 

安定してサクサク動くパソコンです。 

 

そうなると、一つの犠牲にすれば、問題解決します。 

それは、ノートパソコンでなく、デスクトップパソコンで探しました。 

省電力対応のミニパソコンですね。 

 

商品が大変少ないですね。 

わけのわからない激安の中華パソコンは、やめたいところです。 

f:id:kantoshoue:20210801184814j:plain
選んだのは、HP EliteDesk 800 G3 DMです。 

HPは、初めて扱います。 

省電力モデルで、通常が6W、最大が39Wのミニモデルです。 

これなら、家計にも優しいですすね。 

 

CPU 6世代のインテル® Core™ i3-6100Tプロセッサー(3.20 GHz) 

メモリ容量 8GB(最大32GB) 

ストレージ  SSD256GB + HDD500GB 

USBポート USB Type-C 3.1×1( 前面1) 、USB3.1×6( 前面2、背面4) 

モニターポート DisplayPort×2( プロセッサー内蔵グラフィックス)VGA 

OS    WIN10 PRO 64ビット

 

これなら、我が家の省エネ暮らしにも対応してくれます。 

程度もいいものがやって来ました。 

とりあえずす、不具合がないかを少し使ってチェックしていきます。 

それにしても、ストレージ  SSD256GB + HDD500GBはいいですね。 

SSDは、サクサク動きます。 

 

家にあったtongs差してWi-FiとBluetooth繋げています。 

こちらも、おいおいとIntel 8265 ac 2x2 +BT 4.2を内臓させていきたいところです。 

 

とりあえず、低予算で希望に近いものが手に入りました。 

まだまだ、現役のパソコンです。 

よき相棒を得て、ありがたいところです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家のスィーツものがたり バケットパイナップル より。   

お題「ささやかな幸せ」

週末も基本家籠りのままでした。 

それでも、歩いて1分、近くの公園に蝉とりに行きました。 

木に蝉がうじゃうじゃと集っています。 

 

5歳児ゆうゆうと、網で蝉とり初めて、1分で5匹ゲットしてました。 

網は激安ショップで、1本60円ほどで2本買ってきています。 

籠は用意していません 

捕ったら放すつもりでしたからね。 

 

ゆうゆうが、ウジャウジャ蝉が網の中にいるので、怖いと言って慄いています。 

捕って放してそれでも5分で20匹はゲットしてました。 

蝉の声がうるさいですね。 

 

蝉も夏の季語ですよね。 

一番有名なのは芭蕉のあの一句でしょう。 

 

閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉 

 

松尾芭蕉が元禄2年5月27日(1689年7月13日)に出羽国(現在の山形市)の立石寺に参詣した際に詠んだ句ようですね 

この蝉についてもいろいろと論争があったようですがニイニイゼミ落ち着いているようです。 

 

私が捕らえたのは、クマゼミです。 

子供時なら、アブラゼミが多かったですけどね。 

温暖化の影響なのでしょうかね。 

 

蝉の俳句と言えば、面白いのがありました。

 

みんみんの声の円盤廻り出す  有働亨

 

これを聞くと、珉珉の餃子とビールが飲みたくなりますね。(笑)

 

 子供の頃、夏と言えばおやつはスイカに決まっていました。 

田舎でしたから、赤いのや黄色いのいろいろと貰って来て、頂いていました。 

最近は、カットしたスイカを嫁が買って来てくれます。 

 

先日のスーパーで特売だったパイナップルをゲットしてました。 

葉っぱの付いたものです。 

f:id:kantoshoue:20210801102134j:plain

私がカットしました。 

フルーツカットは意外と得意です。 

お皿は、嫁愛用のキャベンディッシュです。 

食べよいように互い違いに持っていますのでフォーク一つで食べられます。 

 

5歳児ゆうゆうも、カットしたフルーツ盛は慣れているので上手に食べてくれます。 

いつもフルーツはカットして提供してくれるものだと、ゆうゆうは思っていると思います。 

慣れとは怖いですね。 

でも、折角のパイナップルを、汚く食べられるのも嫌ですからね。 

f:id:kantoshoue:20210801102237j:plain

もう一つ、パケットパイナップルのカット盛もしました。 

見た目はいいですが、場所をとります。 

 

どこぞの若いギャルのいる店なら、フルーツ盛のオーダーは、危険ですよ。 

時価扱いです。 

客次第の価格になりますので、ご注意ください。(笑) 

友達の話から引用です。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 刻み穴子のちらし寿司 より。   

お題「ささやかな幸せ」

やはり、八月は暑いですね。 

夏だから、暑いのが当然のこと、でも、蝉の声にも、朝の早い時期から鳴かれると、暑さが増します。 

 

週末家族で行ったスーパーで、先週に続いて、嫁が購入したのは、穴子でした。 

それも、一枚もの穴子がなく、刻み穴子しか残っていなかったです。 

 

それならと、刻み穴子のちらし寿司にしようとなったわけです。 

寿司(鮨)と言えば、夏の季語ですからね。 

酢飯には、お酢が使われているので防腐効果があるんでしょう。 

 

酢飯といえば河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)俳句にもあります。 

 

酢米や白きがうへの夜の露 

 

また、郷里の松山鮓(もぶり鮓)というのがお好きだったようで、3句ほどあるようです。 

 

ふるさとや親すこやかに鮓の味明治28年 

われ愛すわが豫州松山の鮓明治29年 

われに法あり君をもてなすもぶり鮓明治29年 

 

河東碧梧桐代表作といえば、「赤い椿白い椿と落ちにけり」でしょう。 

私も一番好きな俳句の一句です。 

この俳人は、白や赤と言った色の世界が見えるような俳句ですね。 

特に「白」は多く作品に登場する印象です。 

 

f:id:kantoshoue:20210801095218j:plain

我が家のちらし寿司も、白き酢めしの上に、穴子のタレを少しかけて、その上に錦糸玉子をさらして、そこに胡瓜とスライスと刻み穴子をちらし、最後に刻みの海苔を散らしました。 

添えの紫色の紅しょうがは、今年私が漬けたものです。 

塩分20%の高塩の梅干しに漬けた産物です。 

 

ちらし寿司もうまい。 

錦糸玉子と刻んだ穴子と海苔の香りが、鼻腔から心よく抜けていきます。 

それに、胡瓜のシャキシャキの食感がたまりません。 

かつ、高塩の辛い昔ながらの紅しょうがのアクセントが効いていますよ。 

 

食欲が落ちたこの時期でも、関係なく完食出来ましたよ。 

隣の5歳児ゆうゆうも、おいしそうに食べてくれています。 

ゆうゆうは、錦糸玉子から食べています。 

それは、そればかり食べるのは、禁止にしますよ。(笑) 

 

コロナ禍の家籠りの中で、ささやかな穏やかに暮させて頂いています。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

俳句の「は」

 

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 休日手抜きのランチタイム 冷やし中華 より。   

 

お題「昨日食べたもの」

8月に入っての週末、暑いですね。 

また、大阪でも何度目の緊急事態宣言ですからね。 

東京の感染者数の激増と共に、大阪での感染者も比例して増えますね。 

新幹線を媒介にして、人の行き来があるところは、人流があるだけに、感染者が増加します。 

新幹線止めないと、東京首都圏から、感染者が移動して、移動先で感染爆発させます。 

 

我が家は、いつものように家籠りです。 

基本は、家族でスーパーの買出しに行くくらいです。 

ささやかな家族での1時間未満の外出です。 

 

5歳児ゆうゆうは、それでも家族の外出というと喜びます。 

家族3人でどこかに行くことが少ないからです。 

必要なモノだけを買って、家に帰ってきます。 

 

さて、ランチにしようとなると、何食べるということになり、この日はいつものように冷蔵庫と相談して、冷やし中華にしました。 

いつものように手抜きばかりです。 

 

麺を茹でる間に、胡瓜とトマトをカットして、チャーシュー代わりに、ベーコンをフライパンで焼いて代用です。 

f:id:kantoshoue:20210731161239j:plain

錦糸玉子の代わりに、ウズラの茹で玉子を盛り付けました。 

それらを並べて、完成です 

暑いので、コンロ作業は手抜きできる所は、やりますよ。 

この日の味付けは、ゴマダレです。 

 

5歳児ゆうゆうもよく食べます。 

おいしいと言ってくれます。 

ありがたいことです。 

 

この後、すぐにデザートタイムがありますので、その分の胃袋のスペースも確保しておく必要がありますからね。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705

我が家の食卓ものがたり 手抜き時短のカレースパサラダ より。   

お題「簡単レシピ」

知らない間に暦は進んで8月に入ったと言う感じです。 

大阪でも、更なる緊急事態宣言の様相です。 

これだけ、感染拡大したら、仕方ないと思います。 

 

首都圏でも感染者の拡大が続いています。 

東京五輪の最中ですが多くの人流が市中を行き来しています。 

アルコール提供している店舗もあって、他人事の無責任な方が多いのも、首都圏の特徴です。 

 

本当に、日本中に感染拡大してくなかったら、移動手段の新幹線を停止させないと、東京から感染者が沁みだすばかりです。 

顕著に、新幹線の移動が容易になった石川県の感染者が拡大しています。 

大阪も岡山も広島も、そして福岡も増加しているのも、新幹線を介して、感染者の移動が進んでいると見ると、感染者の推移も、容易に推測できます。 

 

家に籠るしかありません。 

未だ、私はワクチン接種を受けることが出来ません。 

7月始めに、ワクチン接種の券がやって来ても、予約がなかなか美味くいかず、その時点で8月下旬の予約がやっと取れた位です。 

 

ワクチン接種が進めば、感染者の推移も下落していくと思います。 

やるべく対応がないなら、国産化のワクチンか、国内生産のワクチンの対応を早急に進めるべきでしょうね。 

政府もやっていると思いますが、対応が常に後手後手です。 

職域接種が始まってすぐに新規受付が停止したのが、痛手です。 

 

過ぎ去ったことを振り返っても仕方ないですが、過去の失敗事例を踏まえるべきです。 

失敗事例が続くのは、責任者が責任を取らない無責任役人主義の悪しき前例が続くからでしょう。 

特に厚労省は、失敗行政の巣窟ですからね。 

 

人命と安全は、最低限の必要不可欠の項目です。 

その上で、更に行政システムの簡略が出来るはずです。 

ワクチン承認も、特例をもっと出すべきでしょうね。 

出していると言いながら、現実味がないのが、現状です。 

 

家でも、暑い最中、夕飯の食事に終われる主婦にとって、手抜きは必須要素です。 

時には、お総菜を多用して、手抜きも必要です。 

ただ、お惣菜は、家族暮らしには、コスパが悪いです。 

独身者ならいざ知らず、健康面でも、ある程度の壁があります。 

油だけだらけのお惣菜になりやすいです。 

 

もうだいぶ前にツィッターで、ポテトサラダぐらい家で作れって書き込みが炎上したことがありましたね。 

ポテトサラダは、手間が掛かります。 

実際作れば、それが分かりますが、無知な方なら、数分で作れると勘違いされているのでしょう。 

冬場ならいざ知らず、夏場のポテサラは、手間が掛かります。 

 

我が家の時短と言えば、スパサラです。 

スパサラと言えば、スパゲッティーサラダですね。 

私の中では、手抜き時短が出来る一皿です。 

 

スパゲッティーを茹でいる間に、胡瓜やハムなど、カットして用意すればいいだけです。 

時間があれば、その間に同時平行に味噌汁の用意をします。 

スパゲッティーも表示より長い目に茹でたらいいですよ。 

 

茹で上がったスパゲッティーを冷水で冷やして、水切りをして暫し放置プレーです。 

ボウルに水をしっかり切ったスパゲッティーを入れて、塩コショウ、お酢、レモン汁、時々隠し味にバルサミコ酢、よく和えて、マヨネーズを投入して、残りの具材と合わせます。 

 

食品用のナイロン手袋使うと、更に時短が出来ます。 

もちろん、衛生的にも、一回使ったら、使い捨てです。 

そのまま、ラップして、冷蔵庫で冷やすと、しっとりとまとまりが出来ます。 

味がいつものマヨネーズでは思うなら、カレー粉フリフリすれば、カレースパゲッティーサラダになります。 

 

失敗もしませんし、味変して、これまた美味いです。 

京都七条女坂の先代のレストラン里によく使われていたカレースパを思い出します。 

attached(,center) 

f:id:kantoshoue:20210730101249j:plain

子供用の盛です。 

お弁当に入れてもいいし、発泡酒のつまみにも合いますよ。 

5歳児のゆうゆうも、美味しいといって食べてくれます。 

我が家の定番の一皿です。 

安定した味になります。 

 

食欲の落ちる夏場には、カレー粉は大活躍します。 

何でも、カレー味に味変です。 

ありがたいことです。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。              

ありがたいことです。            

            

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。              

ありがたいことです。              

              

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。              

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。              

ありがたいと感謝です。              

              

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705