''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

神戸で本日、家族会でした より。

今日はこんな時間に、記事のアップになりました。
本日は、神戸で家族会の開催でした。
母が、今年で古希を迎えます。

その祝いのささやかな祝杯です。
兄はいますが、さあー、その事を知っているのか、知らないのか、すら尋ねていません。
いろいろあって、会うこともないですし、相談することもこの先もないと思います。

子供が居ても、古希の祝いをしないと言うのは、さすがに気が引けます。
ですから、家族会と称して、3月に一度ペースで、会って食事をしています。
ご飯食べの会です。
京都では、よくこのような食事を「ご飯食べ」と言いますね。

場所はいつもの、神戸駅の「がんこ」です。
この時期、「てっちりフェアー」をやっています。
税別で、1人前1980円です。
安いです。

前に、何度かがんこで「てっちり」をこの価格で食べて、満足しています。
これが、がんこのてっちりの底値です。
通常なら、1人前2980円です。
それでも安いです。

この1980円フェアーは、確か関西圏でしか、やっていなかったと思います。
東京でやったらどうなるでしょうね。
フグは高いから、価値があると思う関東では、安いと質が悪いと思われるかもしれません。
吉朝さんの落語「ふぐ鍋」の話の枕みたいに、鍋からそのまま、ガラ入れに入るようなイメージでしょうかね。

がんこの「てっちり」は、なかなかイケますよ。
1980円でも、少し工夫が必要です。

セットなら、以外に高く付きます。
ですから、単品で注文です。
それに後雑炊もセットしたらいいです。

夜ならいざ知らず、昼間なら、単品てっちりと後雑炊で十分です。
予算があるなら、フグのあら身を追加すれば、贅沢な一品になります。

これだけ前ふりしたら、てっちりと思うでしょう。
イメージ 1

でも、今回の祝いの膳は、少し贅沢なくらいの普通お造り定食です。
贅沢と言ったのは、豚しゃぶサラダと、天ぷらが付いた2ランク上の定食(1499円税込)です。
私は、口が「てっちり」でしたが、両親も年老いて、そんなに量が食べられません。
ですから、祝いの刺身と天ぷらがあれば、それでご馳走です。

今回と定食の目玉は、自家製の豆腐が付いています。
それを岩塩で頂くと言うのです。
岩塩の入ったのを、ガリガリしミルで、かけます。

ピンクの塩ですね。
いつもの醤油よりは、少し変わって良かったです。
確か、てっちりの後雑炊も、味付けに京橋店では、岩塩が出ましたね。

少しポン酢で味付けするのが、私の好みです。
どこまでも、口が「てっちり」になっています。

とりあえず、料理が運ばれる前に、ビールです。
主役の母に、ビールを注いで、父に注いで、最後に手灼です。
ささやかな祝いですが、やはり祝えてよかったですね。

来年は、父の喜寿です。
それも、元気で祝えることを祈るばかりです。

あと何度こうして食事を出来るかと思うと、息苦しくなりますので、考えないようにしています。
それでも、祝ってもらえたことに母も喜んでくれています。
子としては、ありがたいことです。
ささやかですが、幸せです。

食事の後、今神戸は、大河ドラマ平清盛』でいっぱいです。
清盛由来の寺院仏閣を、道路マップにして、スタンプラリーも用意されています。
神戸駅から、15分ほどに行ける厳島神社に行きました。

こじんまりした神社です。
なんか、普通です。

父も母も足取りは、重くなりましたが、元気に歩いています。
毎朝、お仲間と散歩に行っているようです。
はあ、元気で何よりです。

一回でも会う機会を増やしたいと思います。
孝行したい時には・・・・と言いますからね。
私の世代には、そうした気持ちがあります。

次の開催は、春の京都でしょうね。
お宿は、もちろん貧家です。
疏水の桜がきれいに咲いている頃、連れて来てやろうと思います。
それまで、元気にしてくれることを祈ります。
多分開催できます。

これも仏縁のお陰です。
ありがたいと感謝しています。

心の三毒を廃し、心静かに安穏に暮すのが、願いです。

今日も明日も、私も世の中も、平穏無事に過ごせますように、祈るばかりです。

最後まで、親不幸な嘘こきの話に、お付き合い下さいまして、心よりお礼申し上げます。