''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

岳父のガラケーが、愛娘のカメラ2号機になって 

お題「ささやかな幸せ」

先日、今は亡き岳父のガラケーが出て来た。 

一番最後に使っていた機種は、ほとんど使うことなく入院してしまったので、実質よく愛用していたガラケーです。 

 

私の中では、ガラケーの名機 iida misora(KYX02) ですね。 

ネットの解説によれば、 

京セラが日本国内向けに開発した、auブランドCDMA 1X WIN対応携帯電話である。misora(みそら)名前の由来は「水」と「空」から来ている。製造型番はKYX02(けーわいえっくす ぜろにい)。なお、本機のデザインはかつてのau design projectの中心人物だった小牟田啓博率いるデザイン事務所の「Kom&Co.」が企画し、プロダクトデザイナーの迎義孝がデザインを手がけている。

(フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia参照) 

 

派手さを無いモノの私の中では、名機ですね。 

auブランドは、デザインだけでなく、使い勝手の良い実質的な名機が多いです。 

スマホでも素敵なデザインは多かったですが、やはり、ガラケーのデザインのインパクトは強いですね。 

 

INFOBARINFOBAR2は、秀逸ですよね。 

iida IS01」(2010年)最初のスマホも、デスクに傍らに置いています。 

 

娘のパソコン代わりにデータ動画を見せたり、キーボードの練習したりしています。 

娘の体にちょうどのパソコン型のスマホですので、本人も未だに我が家では愛用させて貰っています。 

 

もうこんなに現役で家庭で使われているのは、ないでしょうね。 

最近は、私の古くなったパソコンでYouTube見たり、DVDを見たりして、夏休みを過ごしていました。 

 

岳父のガラケー出て来たものの充電が出来ずに困っていました。 

百均行っても少し前まで売っていたガラケーの充電端子が、既に販売されておらず、困っていました。 

少し整理していると、私の荷物の中に、発見しました。 

 

これを繋ぐと、充電が開始する赤いランプが点いて、充電も成功しました。 

すでに、SIMは入っていませんが、娘のカメラ代りの2号機として使わせます。 

1号機は、嫁の古いガラケーです。 

未だに、写真を撮っています。 

 

私がブログに載せる料理の写真を撮る時に一緒に1号機で写真を撮っています。 

ただ、1号機は、SDカードにも赤外線にも対応していない機種なので撮った写真データを違う機械で見ることが出来ません。 

 

それに比べて、今回のガラケーの名機 iida misora(KYX02) はSDカードも使えるし、赤外線も使えるので、データのやり取りが出来ます。 

もう少しだけ、ガラケーながら、カメラの楽しみが増えると思います。 

本人はとりあえず、それで満足しています。 

ありがたい岳父の遺産です。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705