''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

我が家の食卓ものだかり スジ肉と蒟蒻を炊いたん(すじコン ) 

お題「ささやかな幸せ」

先日、近くのスーパーでボイルしたスジ肉が売られていた。 

これならと、京風にはんなりと言うなら、「スジ肉と蒟蒻を炊いたん」を作ろうと考えました。 

 

俗に、すじ蒟蒻で、すじコンと呼ばれるモノです。 

みそ仕立てなら、土手焼きにもなりますし、神戸長田なら、ぼっかけ と呼ばれる地域メニューです。 

 

スジ肉煮込んで甘辛く味にすると、これがなかなか酒やごはんのお供になります。 

時折これが無性に食べたくなります。 

それに、岳父が得意な料理でしたので、このDNAを6歳児ゆうゆうにも、古今伝授しなければなりません。 

ゆうゆうも食べますよ。 

 

居酒屋さんにあるなら、頼むと思います。 

私の好物です。 

 

GWも土日を残して、終わりですが、どこかに行くこともなく、普段の暮らしの延長戦にいました。 

それでいいんです。 

もう少しすると、またコロナ感染者が爆発的に増えるのは、織り込み済みです。 

ウィズコロナもどこまで行けるのか、不明ですが、それも受け入れないといれません。 

 

呑むなら家呑みです。 

家で、好きなモノを作って食べる、すこしでも居酒屋さん風に過ごせば、気分も変わります。 

家にもいろいろと道具がありますので、特殊なモノはダメですが、刺身も冊で買って来て、家で柳刃で刺身に仕上げて、造りの鉢に盛るだけでも、いいです。 

簡単な事ですが大葉でも一枚敷けばそれなりになりますね。 

 

先月も、筍をいっぱい頂きました。 

毎夜毎夜若竹煮です。 

時折、豚肉と筍の炒め煮も入ります。 

 

週末には、筍の炊き込みごはんと筍の吸い物作って頂いていました。 

四季の暮らしは、ありがたいです。 

 

スジ肉の炊いたんに旬はありませんが、関東煮(おでん)の時期にはよく食卓の上ります。 

それと同じくらいに、スジ肉の炊いたんは、我が家の食卓に上ります。 

我が家では、ご馳走ですね。 

酒が進んで仕方ないです。 

 

それに、先日の漬盛(漬物の盛合せ)は、胡瓜の糠漬け、白菜の漬物、柴漬けと色合いがいいです。 

漬盛(漬物の盛合せ)も、私が居酒屋で必ず頼むモノの一つです。 

贅沢な感じがいいですからね。 

やはり、家呑み最高です。 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705