''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

家呑み肴 漬物3種盛の小皿 より。 

お題「ささやかな幸せ」

コロナ感染が再拡大していますよね。 

BA.5と言う感染力の強い新手です。 

来月8月初旬には、感染のメインこの新手に取って代わられるそうです。 

ちょっと悪さもするみたいです。 

 

怖い怖いです。 

手洗いなどをこまめにするようにしています。 

人とも近距離では会わないし、しゃべることも少ないです。 

もちろん、家族以外でほぼほぼ会食することもありません。 

飲み会など参加しません。 

 

先週に嫁の仕事場で暑気払いの飲み会がありました。 

店に行くのでなく、現場でのバーベキューなどの飲み会です。 

もちろん、仕事が終わってからですので、嫁は基本不参加です。 

足がないんです。 

1時間に1本のバスが、6時台の1本が最終です。 

諸事情から不参加です。 

 

大阪の市内のビジネス街から山奥の現場にした段階で、参加者が限定されます。 

もちろん、送迎の用意をするという前提だったみたいですが、OLさんがそんな山奥に行くはずもないんです。 

市内街中チームも、やはり、この時期の飲み会は、会社としては出来ませんからね。 

 

それを知った上で、それなら山奥の現場で、バーベキューを決行したみたいです。 

嫁に飲酒運転にならないの?って聞いたら、金曜日だから、呑む方は自動車を置いて、現場でお泊りみたいです。 

近くにキャンプ場あるみたいなので、そんな感覚でしょうね。 

電気を消すと、漆黒の闇でしょう。 

 

我が家は基本家呑みです。 

それでも幸せですよ。 

家族で、長方形の卓袱台に「L」字上に座って、目線の上にPCモニターを配して、ネットの動画見ています。 

基本昭和スタイルですが、パソコンモニターとネット動画って、平成・令和のスタイルですね。 

 

最近、ドンキの地上波の観れないネットテレビが話題になっています。 

要するにテレビじゃないんです。 

テレビチューナー付いていないモニターですからね。 

そのモニターにネットで見るテレビが見られるという商品ですよね。 

 

無料のモノもあります。 

地上波のドラマニュース、それ以外にネットテレビだけのドラマとかもやっていますからね。 

不思議な時代です。 

世代によって、家族によって、観るテレビ多様化して、学校や職場でテレビの話で盛り上がることがない時代です。 

 

それもいいと思います。 

ですから、小学校1年生の愛娘は、小学校でどんな話をお友達としているのでしょう。 

本当かどうか不明ですが、娘の話によるとポケモンを知らない子供もいるようです。 

 

娘は、ネットのニュースも見ますので、世情の話も突然します。 

ウクライナとロシアは仲良くしたらいいのに」って、それロシアのウクライナ侵攻の話の事?って耳を疑います。 

 

父に、「ロシアって遠い?」って聞いたりします。 

父が「日本と海を通して接している」と言うと、「攻め込んでくる?」間髪言います。 

父が、「母はロシアに行ったことがあるよ」って言ったら、頭に「???」驚いていました。 

って言うかロシアから手紙来るでしょう。 

あなたも、クリスマスプレゼント貰ったことあるでしょう。 

 

ゆうゆう曰く我が家はロシアが身近だと分かると、更に驚くばかりでした。 

最近のゆうゆうの流行りは、「スパイファミリー」の偽装家族の娘のアニーです。 

突然、主題歌の「ミックスナッツ」歌い出します。 

私には難しすぎる歌詞の世界です。 

私は、「ミックスナッツ」と言うより「まぜこぜナッツ」ですよ。 

 

まぜこぜと言えは、私の好きな日本酒の酒の肴で言えば、「漬盛」ですね。 

漬盛とは、居酒屋さんでもある「漬物の盛合せ」の略称です。 

3種盛辺りが多いですね。 

 

我が家の漬物の3種盛合せです。 

センターの赤いのが柴漬けその横に胡瓜の糠漬け、逆手には、花鰹を盛った白菜の漬物です。 

ヤッターマンの悪役3人衆のボヤッキードロンジョ、トンズラ)って言うところでしよう。(深キョンが大好きな私です。) 

 

嫁や娘のごはんのお供にもなります。 

私の日本酒の晩酌のお供にもなります。 

重宝しています。 

胡瓜の糠漬けには、摺り下ろした生姜添え、醤油は牡蠣醤油を少々付けます。 

 

うーん、こんなものが美味すぎます。 

糠漬けも少し浸かり過ぎた加減です。(1本売りの市販品です) 

イチラーですから、一味もフリフリします。 

 

フリフリと言っても、リージョンやマクロジョンとは関係ありません。 

私の中では、一応、北区、旭区、平野区、いえいえ常套句(城東区)ですからね。(大阪限定) 

 

胡瓜の糠漬けには、摺り下ろした生姜添え、白菜の漬物にも、花鰹を添えて頂くと、味が各1ランク、都合2ランク昇格しますからね。 

漬物の盛合せは、予算に合わせて、いろいろと楽しめます。 

上等な居酒屋さんなら、これに「沢庵」「茄子の漬物」を添えて、5種盛もありますよ。 

 

柴漬けも、京都の生柴が食べくなります。 

生柴は、皆さんのよく知る柴漬とは、別物です。 

 

これが本当の紫蘇の味であって、味わいが凄すぎます。 

酸味が凄いです。 

貧家では、写真のような柴漬風の安価もモノを使いましたが、京都に行ったら、生柴買って来ますよ。 

 

早くコロナも治まって貰いたいものですね。 

この祇園祭の時期なら、八坂さんに疫病退散を念じるばかりです。(蘇民将来子孫也」) 

 

親子3人のささやかな暮しに感謝して暮させて貰っています。               

ありがたいことです。             

             

ささやかな「よかった」を探せて暮させてもらっています。               

ありがたいことです。               

               

日々の暮らしの中、心の三毒を廃し、平穏無事に暮らしたいです。               

神仏に手を合わせて、感謝して暮らさせてもらっています。               

ありがたいと感謝です。               

               

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705