''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

ゆうゆう1才の手習い キーボード練習 期間限定パージョン より。

日曜の朝、ニュースではあたらこちらの地域で、大雪の様子です。
センター入試の受験生も大変ですね。
ベストが出しきれるように念じます。
日本海側の地域では、雪下ろしなどの作業に伴う事故が起きていると聞きます、ご注意ください。

 

大阪では、日差しがあって、風は冷たいですが、雪の方の影響は、今現在出ていません。
ありがたいことです。

 

昨日は、ゆうゆうを連れて、郷里播州に行っていました。
自動車での行き帰りも、雪の心配がありましたが、観音様のご加護で、雪の影響にも合わず無事に帰ってこれました。

 

ゆうゆうも久しぶりの播州の家での、父母の出迎えに、大興奮でしたね。
いつもの昼寝もせずに、遊んで貰っていました。

 

その間、父とはグーグルマップの使い方を練習しました。
もちろん、入力作業は、80歳超えの父には、ハードルが高いので、音声入力です。
いつもの母の掛り付けの遠い病院までの時間や行く手順など確認していますね。
すでに、いつも入っていますので、その確認は自分で分かります。

 

続いて、隣の市町村に住むもうすぐ90歳近い伯母の家の住所検索と行く手順を練習しました。
もちろん、何十回行って言いますので、道順や時間など、不備がないかを確認していました。

 

もちろん、グーグルマップですから、伯母の家の写真がストリートから分かります。
家が見えると、父も母も興奮気味です。
誰が写真を撮っているのかとか、家の中が見えるのかだとか、基本的な質問に、高齢者の常識の範囲を伺い知る事が出来ます。

 

そんなこと出来るわけないでしょう。
街中で、グーグルのカメラ搭載の自動車と遭遇したこととがないと、理解も出来ないですけどね。
やはり、このネット社会には、対応する基礎が必要だと感じますね。
 

f:id:kantoshoue:20220110135150j:plain


期間限定のゆうゆうの写真を公開です。
キーボード入力している図です。
ゆうゆい1才の手習いですね。

 

手にしているのは、私の愛用のブルーツゥース対応キーボードのELECOM TK-FBP013です。
横幅22センチとモバイル用で、タブレットスマホの入力作業に、あると便利です。

 

私は今や1万に1人と言う化石扱いの「かな入力使い」です。
実際に、私以外の他人が、かな入力しているのを、実際に見た事はありません。
まさに、孤島ランゲルハンス島の一人の住人、いやいや、残され島の住人ですよ。

 

 

タブレットでも、かな入力は便利です。
外付けキーボードの便利さと、キーボードの持ち運びの利便性となると、いろいろな選択肢があります。

 

折りたたみ式のキーボードもいいですが、キーを打つ時のことを思うと、使いにくいと感じるキーボードが多いです。
いつも、モバイルキーボードの研究には、余念がありませんよ。

 

長文の文字を打つ方と、そうでないかとは、使い方が違います。
私が思うに、母国語は、母国語で思考して、母国語で入力するのが、いいと思っています。
ローマ字入力では、何か違うのです。
パソコンやワープロを売る時のセールストークに騙されて、これからは、ローマ字入力が主流と言いながら、ローマ字で入力するのは、年輩者にとっては、敷居の高いです。

 

これならまだ、メールの文字入力の方が、敷居は低いです。
今の若者モノの、パソコン離れが社会問題になっています。
入社しても、パソコンが使えない方も多いと聞きます。

 

社内メールぐらいは、新入社員にもありますからね。
それが出来ないなら、この社会には順応しにくいでしょう。
もし社会が、パソコンから、完全にスマホ社会に移行するなら、それはありです。

 

ここに来て、1人1台のパソコン作業から、スマホタブレットによる作業でも代用できるなら、それでいいと思います。
その為には、長文は、スマホの入力でなく、キーボード入力にした方が、楽だと思います。
外付けのキーボードがあるなら、タブレットでも、パソコン代わりになれます。

 

ワードやエクセルの閲覧や編集、メールやネット検索程度なら、タブレットでも十二分です。
この社会も、高齢者社会に向けて、タブレットスマホの拡充を薦めるのは、いいと思います。
その時、入力作業も、キーボードもさることながら、音声入力に推し進めるのも、いい手だと思います。

 

それでも小さい頃から、キーボードに馴染むのは、悪い事ではありません。
歌舞伎役者の子供が、歌舞伎のように、生活の一部にすれば、馴染みやすいかもしれません。

 

電気製品オタクの片鱗が見えるゆうゆうには、キーボードも、上手に使って貰いたいです。
まずは、形からです。
色白なゆうゆうは、白いキーボードが似合います。

 

私伝承の「コタパソ」デビューも近いです。
っていうか、今日は日曜日ですので、夕刻のハングアウトの出番があります。

 

日々の暮らしの中、感謝して暮させてもらっています。
ありがたいです。
心の三毒を廃し、心静かに安穏に暮したいです。

 

今日も一日、私も世の中も、平穏無事に過ごせますように、祈るばかりです。

 

最後まで、パウル(ランゲルハンス)の動く白いキーボート話に、お付き合い下さいまして、心よりお礼申し上げます。