''かんとうしょうえ''の痛風日記

一病息災と心得て、「よかった探し」をしながら、日々感謝して暮させてもらっています

赤穂浪士

嫁の食器の愛蔵品より マイセン 金彩の皿    

お題「ささやかな幸せ」 何かの折に、ネットのYouTubeで、鑑定団を見ていると、食器の回がありました。 私は、和食の方はいろいろと見ましたが、どうも洋食器を見る機会がなくて、こんなにするんだって、驚くばかりでした。 そうそう、我が家の嫁もいろいろ…

播州の思い出の味、イトメンのチャンポンめん 食べてみました。   

お題「好きなシリーズもの」 少し前に、全面黄色のスーパー玉出で、少し安くなっていたインスタント麺を見つけて購入しました。 播州人には、懐かしいソールフードのイトメンのチャンポンめんです。 インスタントの袋麺の創成期に出来たインスタントラーメン…

我が家の食卓ものがたり 熱々の仙台油麩の入った関東煮(おでん) 令和25皿 より。   

寒さも増して来たと言えば、年末の師走のイメージです。 昭和の名曲『北の宿から』(作詞:阿久悠 作曲:小林亜星 )の歌詞を思い出します。 ♪ あなた変わりはないですか 日ごと寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます~ そして、子…

コーナンで、KURE 接点復活スプレーを買って来ました より。   

今日は、極月半ばの14日です。 赤穂浪士の討ち入りの日ですね。 (正確には、15日の深夜未明) 古い時代劇でなく、平成的に言うなら、AKO47 です。 例年なら、赤穂、京都山科で、赤穂関連のお祭りがあるのです。 今年は、もしかしたら、自粛かもしれませんね。…

『歴史街道』1999年3月特別増刊号から見える赤穂浪士(忠臣蔵)の世界 より。 

12月と言えば、私のブログのサブテーマの「赤穂浪士」「忠臣蔵」です。 いろいろと不思議な記事を書いています。 素人の書き記し程度の記事です。 それでも、いろいろと「赤穂浪士」関連の書物や雑誌も、見つけては資料にしています。 そんな中に、『歴史街…

我が家の食卓ものがたり 寒い時期の関東煮(おでん) 令和21皿 より。   

朝から寒いですね。 朝晩の急な気温の変化に、体が付いて行かなくなっています。 すでに50歳の坂を超えています。 ♪この坂を超えたなら しあわせが待っている~ 都はるみさんの「夫婦坂」(作詞:星野哲郎. 作曲:市川昭介)が耳元で聞こえてきそうです。 寒い…

「龍のたまご」で作った嫁の手作りプリン より。   

朝からどんよりした大阪の空です。 過ごしやすいです。 暑さ寒さも彼岸までと言う言いますから、このまま静かに秋の気候になってくればいいですね。 食欲の秋とはよく言ったものです。 4才児のゆうゆうの食欲は、マシマシ系です。 嫁が「龍のたまご」と言う…

謎学の旅 『「忠臣蔵」の謎学』の疑問に学ぶ  「城代家老と筆頭家老(国家老上席)」 1話 より。 

忠臣蔵と言えば、赤穂事件を題材にした歌舞伎や芝居、映画やドラマの定番です。 私も播州の産にして、赤穂浪士は興味深い内容です。 そんな中、デスクの横に、いろいろな赤穂浪士の愛読の書物を置いています。 そんな中に、『「忠臣蔵」の謎学』(全国義士連…

お盆休みの昼ごはん 温玉盛のぼっかけうどん より。 

朝から暑いです。 夏ですからね。 暑い暑いと言いながら、夕刻庭に打ち水して、縁側に座って、発泡酒でも冷の酒でも飲めたらいいでしょうね。 それじゃ、落語の『青菜』のご隠居さんと植木屋さんの話ですね。 『植木屋さん、青菜はお好きか?』 手を叩いて、…

講談『寛永三馬術より 出世の春駒』を見ました より。 

先日、チューブの動画で、神田松鯉師匠の講談『寛永三馬術より 出世の春駒』を見ました。 やはり、現代の名人芸ですね。 神田松鯉師匠と言えば、今月真打に昇進した神田伯山さんの師匠ですよね。 伯山のユーチューブも楽しみに見させてもらっています。 寄席…

インターネットの速度が気になります より。 

昨日の日経平均も、24,000円の大台を超えましたよね。 米中の貿易交渉も、イギリスの選挙結果も踏まえて、EU離脱が見えて来ました。 二つの良いニュースが、一日の上げ幅としては記録の610円を超えています。 ただ、悲しいのは、この運に乗れなかった悲しい…

我が家の食卓ものがたり 皿うどん より。 

とうとう12月の師走に突入です。 一年が、年々短く感じます。 それだけ年をとったと言う事です。 昨日も、菊芋を買って来た記事を書きました。 この時期の美味しい野菜も多いです。 大根も買って来ました。 煮物にしても、関東煮(おでん)に入れても、鍋に…

この秋最初の関東煮(おでん)を肴に、晩酌タイム 令和1皿 より。 

朝晩は、肌寒いです。 親子3人川の字になって寝ていますが、3歳児のゆうゆうが、コンコンと咳をしています。 先日、掛かりつけの病院に行って、診察して貰った所です。 大事には至っていません。 ホクナリンのテープと、咳止めの飲み薬を食後に服用させて…

講談師 一龍斎貞心

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 人物紹介の「し」 一龍斎貞心、講談「赤穂義士銘々伝 倉橋伝助」 より。 こんなものが、堪らないほど美味いなんて、やはり日本に生まれて良かった より。

落語「淀五郎」の「と」

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 落語の「く」https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/30470946 落語「淀五郎」の「と」 メリー・クリスマス 今日は暖かいクリスマスとなりました より。 日曜のお昼は、海苔巻きと天ぷらそばのセ…

我が家の晩酌タイム ハーフサイズのヒラメの造り より。

朝から冷えています。 やはり、師走の感じがしますね。 「年の瀬や~」とこの時期なら、忠臣蔵の大高源吾と室井其角「両国橋の別れ」のシーンが思い浮かびます。 今年も平成最後の「忠臣蔵」なのに、映画やドラマは、姿を見なくなりました。 もちろん、手持ち…

義士の日に、何か食べたくなったので、ナポリタンを作って頂きました より。

朝から寒いです。 保育園の送り迎えにも、その寒さが堪えます。 今日は、極月半ばの14日と言えば、ご存じ赤穂浪士の討ち入りの日です。 「義士の日」と呼ばれる事もありますし、俳句の季語にもなっていると聞きます。 そんな江戸時代の古い話と言うこと莫れ…

日清 デカうま わかめそば を喰らう より。

天気予想の通りの朝からに気分も下降気味です。 風邪の症状も少しは緩和したモノの、体調も低空飛行と言った所です。 世の中は、一転日産ゴーン氏の有価証券法違反の逮捕のニュースばかりです。 この流れからすると、個人だけでなく、法人としての日産にも、…

大石主税良金(おおいし ちから よしかね)

総索引 https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂浪士 四十七士 (AKO47) の「し」 赤穂浪士 四十七士 AKO47 大石主税良金(おおいし ちから よしかね 聖なる門から見える貴人物語より。 イケメン、美男子、それとも男前? 本日、討ち入りありま…

嫁の戦利品 桑名名物 安永餅 より。

やはり、昨日も雨降り土曜日になりました。 もう少し天気が持つかと思っていましたが、そうは問屋がさせません。 天気予報も、なかなか外しませんね。 不利な情報は、「聞きたくない!聞きたくない!」と思うのものかもしれませんね。 そのフレーズを聞くと、…

赤穂浪士・忠臣蔵の周りの世界より の「し」

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂浪士 四十七士 (AKO47) の「し」 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 浅野家関係者 浅野大学長広 500石 旗本 赤穂浅野家分家 若狭野浅野家三千石 旗本 赤穂浅野家所縁 龍野藩5万…

内蔵助の母方親族 鳥取藩池田家

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 内蔵助の母 池田由成の六女 熊 内蔵助の母方親族 池田 元助 高祖父 内蔵助の母方親族 鳥取藩池田家 鳥取藩(とっとりはん)は、因幡国・伯耆国(…

内蔵助の母方親族 池田恒興 高々祖父

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 池田 恒興(いけだ つねおき) 清洲会議に出席した4人の織田家重臣の一人。池田恒利の子。子に元助、輝政など。 天文5年(1536年)、尾張織田氏…

内蔵助の母方親族 池田 輝政 (高祖父 元助の弟)

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 池田 輝政(いけだ てるまさ) 美濃池尻城主、同大垣城主、同岐阜城主、三河吉田城主を経て、播磨姫路藩の初代藩主。 兄弟 長男 元助 (天正12年…

内蔵助の母方親族 池田 忠継 (輝政の次男 実は五男)

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 池田 忠継(いけだ ただつぐ) 備前岡山藩初代藩主。鳥取藩池田家宗家初代。 播磨姫路藩主・池田輝政の次男(実は五男)。 母は、徳川家康の次女…

内蔵助の父方親族 鳥居 元忠 高祖父

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 内蔵助の母 池田由成の六女 熊 鳥居 元忠(とりい もとただ) 徳川氏の家臣。下総矢作藩(千葉県香取市矢作)の藩祖。 天文8年(1539年)、松平…

内蔵助の父方親族 大石良重 祖父の弟

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 内蔵助の母 池田由成の六女 熊 大石良重(おおいし よししげ) 元和5年(1619年) - 天和3年5月18日(1683年6月12日) 江戸時代前期の赤穂藩浅野…

内蔵助の父方親族 大石 良信 高祖父

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 大石 良信(おおいし よしのぶ) (? - 慶長4年1月20日(1599年2月15日)) 通称、久右衛門、新七郎、又源五左衛門。 父 大石朝良 次男。 妻は進藤…

内蔵助の父方親族 大石 良勝  曾祖父

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 大石 良勝 (おおいし よしかつ、天正15年(1587年) - 慶安3年8月23日(1650年9月18日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。常…

内蔵助の父方親族 大石 良欽 祖父

総索引https://kantoshoue.hatenablog.com/entry/35343705 赤穂藩 筆頭家老 大石内蔵助良雄 血縁関係 の「け」 内蔵助の母 池田由成の六女 熊 大石 良欽(おおいし よしたか) 元和4年(1618年) - 延宝5年1月26日(1677年2月27日) 江戸時代前期の赤穂藩浅野…